英語の勉強最初の1年間でやったことまとめ

内容に入る前に

英語勉強中の方に、絵文字くんが本格的に英語を始めてから1年目にやったことを思い出しながらまとめました。

絶対何かヒントになることがあるハズなので、気軽に読み進めてみてください〜。

「自分の譲れない分野についてはプライドが異常に高い」

普段は温厚な人だって、自分がこだわっている分野って1つや2つはありますよね。で、その分野についてはどうしても譲れない。僕にとってこれが英語だったんです。

街中で英語で道を聞かれた時、うまく答えられなかった自分が本当に悔しかった。そしてサラッと英語が話せる人ってすごいカッコよかったんです。

「自分もああやってカッコよく話してみたい・・・」

この頃の絵文字くんが妄想していたカッコいい道案内・・・

いわゆる若干「不純な動機」から英会話の勉強がスタートしました。でもカッコよく話したいというその動機の裏には「英語が上手に話せない自分」という悔しさがあり、今思えば十分な動機だったんだと思います。

実はこうした「不純な動機」って英語を勉強する上で一番必要なんじゃないかな、って僕は思っています。

なぜかって?自分を動かすのは自分自身だからです

「海外出張が決まったから」「昇級のために必要だから」そうした理由で英語を勉強する人はたくさんいますし、そうした理由だってモチベーションになります。それで勉強が続いているなら素晴らしいと思います。

ですが僕は今までそうした理由で物事が長続きしたことがなかった。つまるとこと「自己中」なんですよね(ダメダメですね)。

でも「カッコよく話したい」「悔しい思いをしたくない」そうした自分の中にある思いがあったからこそ、最初の1年間、必死で勉強して来れたのだと思っています。

モチベーションを保つために

もし英語の勉強のモチベーションが上がらないなら、本当に自分のために勉強しているのか考え直してみると見方が変わるかもしれません。例えば「昇級のため」という理由で勉強しているなら「給料を上げてドヤルため」という目的にしてもいいかも。

とにかく自分の中から湧き上がって来る何か強い気持ちをモチベーションにすることで英語の勉強って長続きします。というかこれは英語に限らず何事においてもそう言えるかもしれませんね。

英語の勉強をこれから始めようとしている方、今勉強中だけどイマイチやる気が出ない方、勉強する理由について見つめ直すと、何かが変わるかもしれません。

1年目のテーマとやってきたこと

さて、英語の学習を始めて最初の1年目で、とにかくテーマとしてきたのは「吸収しつつ、とにかく実践」でした。

それまでの自分は「吸収」も「実践」もどちらも足りてなかったんです。大学の授業では英語の授業もあったわけですが、単位をゲットするためならば必死に英語を「吸収」する必要なんてありませんでしたし、なにしろ「実践」なんて無いに等しかった。

そこでたくさんのフレーズを覚えながら外に出て実践を繰り返しました。

おかげで現在、カナダのトロントで生活していますが、基本的に不自由なく毎日を楽しんでいます。シャアハウスのルームメイトとは毎日英語で会話していますし、仕事ももちろん英語です。

しかし英語が話せない日本人

そうしてひとまず最低限は英語が話せるようになったわけですが、やっぱり絵文字くん自身日本人なので、他の日本人が英語を話せないところを見ても悔しくなります。

トロントにも日本人はちらほらいますが、ワーホリで語学学校にだけ通って帰ってしまう人が大多数です。海外で語学学校に通わず英語を伸ばす方法の記事でも紹介していますが、日本で勉強できることはたくさんあるのに、わざわざ海外に出て語学学校に通うのは勿体無いと思うのです。だって語学学校にいる現地の人なんて講師くらいですから・・・

繰り返しますが、日本にも英語の学習ツールがたくさんあります。これを利用しない手はありません。実際に僕自身が日本にいながら効果的なツールを駆使して話せるようになったんです。

今回はそうした、日本にいながら英語を上達させることができるツールについても紹介したいと思います。僕が最初の1年間で行った勉強の全てです。最初から順に初心者でもできることから並んでいます。中級レベルの方は最初はざっと読み飛ばして後半から読んでいただいてもいいかと思います。

前置きが長くなりましたが、早速ご紹介します!

①フレーズの丸暗記

絵文字くんのiPhoneのメモ帳。わからないフレーズがあったらすぐにメモ!あとでググる!

【実証済み】絶対に話せるようになる英語の暗記方法の記事でも紹介している内容ですが、フレーズを丸暗記することが何よりも重要です。

丸暗記しても使えないでしょ?という声が聞こえてきそうですが、本当にこれが大間違いです。丸暗記なしに英会話をしようと思っても間違いなく話せるようにならないです。

というのも話している時に「英文法」なんていちいち気にしている暇がないから。日本語を話していても文法なんて気にしないですよね。というかそんなの気にしていたら会話から置いてきぼりです。

上の記事でも例を挙げていますが、①②の文を比べてどちらを暗記すべきか比べてみてください。

They have been working hard to produce that kinds of products they need.

(彼らは必要とするその種の製品を生産するために一生懸命働いている。)

 

If an employee considers it good for customers, they are allowed to do anything for customers.

(従業員は、お客さんのためにいいと思ったことを何でもして良い)

 

 

What kind of whisky do you have?

(どんな種類のウィスイキーがある?)

 

Is there anything you like or dislike?

(好き嫌いはある?)

 

答えは②です。①の文は他の文に応用がしにくいですが、②の文はかなり応用がきき、かつ日常生活でいくらでも使えます

例えば、”What kind of whisky do you have?””whisky””bag”にすれば、お店で「どんなバッグ置いてます?」と聞けるし、”Is there anything you like or dislike?””Is there”以下を変えれば”Is there a washroom in here?” 「ここトイレある?」となり、いくらでも応用ができちゃうんです。

つまり僕が意識してきたのは、フレーズをたくさん蓄えて、それをいかに変形できるかなんです。

じゃあ文法は必要ないのか、と聞かれればそんなことはありません。超重要です

ですが大切なのは、「文法を覚える→文を作る」ではなくて「文を作る→文法を覚える」なんです。ほとんどの日本人は文法を覚えてからその知識をもとに文を作ろうとしますよね。ですがこれをやってるうちは英語は話せるようにならないです。会話中に文法なんて気にしている暇はないからです。

「英文を必死に丸暗記したことがない」という方、とにかくこれは避けて通れない道なので今すぐ始めることをオススメします。

じゃあどういう文を丸暗記すればいいのか?自分で例文をかき集めるという方法もありますが、やはり文法の項目ごとに満遍なく網羅してしまうのが手っ取り早いです。そうなるとやっぱり書籍は強い。

この本はフレーズの暗記に特化しているので、暗記に最適です。僕もこの本でフレーズ何度も何度も繰り返し練習しました。またCD付きなので、日本語を聞いて英語でパッと答えられるように練習できるのもこの本のいいところです。

まずはフレーズの丸暗記。始めてみてください。

②「独り言英語ライン」

自分専用のライングループを作って、英語と日本語を合わせて送りまくります。具体的にはこんな感じ↓

 

英会話上達のためのLINE利用例

内容はフレーズの暗記でどうしても苦手な文でもいいし、街中で聞こえてきた文でもいいです。とにかくフレーズを送りまくります。

そして時間があるときに確認、何度も繰り返してフレーズを丸暗記してしまおう、というものです。

この「独り言英語ライン」のいいところは日頃から使っているラインに英語が入って来ることです。

ラインを開かない日ってないですよね?パッとアプリを開いてサクッと英語の暗記ができてしまう点で、他の英語学習アプリ等にはない手軽さがあるんです

しかし気をつけたいのは、①で説明したように、応用ができる文章のみを送るようにしてくださいね。日常で使えない文章を暗記したところで時間の無駄になっちゃいます。

③壁に向かってとにかく話しまくる

丸暗記や「独り言英語ライン」と同時並行で行うのが、蓄積したフレーズを使う練習です。

暗記しただけではまだ「生きたフレーズ」になっていないんですよね。つまり、パッと瞬時に会話で使える状態ではない、ということです。アウトプットの準備ができていないないんですね。

なのでとにかく丸暗記したフレーズを実際の状況を想像しながら言ってみます。なんなら時にはレストランの店員になりながら、時には買い物客になりながら実際にありえそうなシチュエーションを想像しながら言ってみます。

そしてある程度そうしたイメージの中での練習が済んだら、丸暗記したフレーズを変形すると、どんなシチュエーションで使える文になるか考えてみます。

ここで注意したいのが、勝手に入れ替えて間違った文を作ってしまうことです。この辺はググりながら間違った変形でないことを確認しながら文を作っていきます。

「ストックした英語」と「実際に使う英語」を結びつける、いわば橋渡しのような作業をここで行うわけです。こうすることで実際のシチュエーションでフレーズを使うための準備をすることができます。

また、基本的に一人でできる作業なので、間違いなんて気にする必要ナシです。また、なにより会話中より自分の英語に集中しているため、間違いに気付きやすい利点もあります。こうして気づいた点は直しながらフレーズが口からパッと出てくるところまで鍛えます

④オンライン英会話

ここからアウトプットです。

非常に低コストで英会話が学べるのがオンライン英会話です。1レッスン200円以下という破格の価格設定で、近年人気が出てきています。革命的です。

詳しくはオンライン英会話を使って格安で英語力を鍛える方法の記事でも解説していますが、家にいながら英会話が学べてしまう手軽さから、本当に便利なツールです。

スクールによってサービスも異なってきますが、毎回様々な国の講師と一対一で話すことができます。また、安いからといってクオリティーが下がってしまうことがなく、満足度が下がっていないからこそ、現在利用者を伸ばしているのだと思います。

特にレベル別等には分かれていないことが多いですが、講師の方もプロ意識が高い方が多いので、こちらのレベルや要望に的確に答ええてくれます。

DMM英会話 総合エンタメサイトDMM.comが運営するDMM英会話は、圧倒的な低価格と世界105カ国以上の講師からなる質の高いレッスンが魅力のサービスです。現在、☆無料体験レッスン受付中!!25分の無料体験レッスンが3回受けられます☆

DMM
産経オンライン英会話

産経オンライン英会話 1回158円~/月5,980円(税込)から受講可能のオンライン英会話スクール。朝5時~深夜25時まで開講、予約は30分前までOK。産経グループが運営。5段階の選考をクリアした講師のみを厳選採用、しかも全講師ビデオレッスン対応。無料教材つき。

産経

とにかく今盛り上がってきているオンライン英会話。無料体験はだいたいどのスクールも行なっているので体験してみると雰囲気がつかめると思います。

絵文字くん個人としては、日本人全員がオンライン英会話するべきなんじゃないか、なんて思っています。現状、小中学校の英語教育が大きく変わることがなさそうですし、かといって義務教育を終えても英語が話せる人なんていないわけです。

オンライン英会話はネット環境さえ整っていれば誰でも利用できるわけですし、しかもこんな格安のサービスを利用しない手はないと思いますよ!

是非体験レッスン、受けてみてください。

Meetupに参加

意外と存在自体を知らない人も多いんですが、Meetupでコミュニティーに参加してみるのもオススメです。なぜなら実践で自分の英語を試せる機会が手に入るからです。

初心者だからって恐れることは全くありません。初心者向けのコミュニティーに参加すればいいんです。また趣味を軸にグループを探してもオッケー。とにかく英語でコミュニケーションを取れる機会はこちらでたくさん作れます。

またそれでもちょっと緊張してしまう・・・という人は「日本と外国人の異文化交流」的なグループもオススメです。基本的にこうしたグループに来る外国人は日本人にも理解がある方が多いので、安心して参加できると思います。

ミートアップのグループ「J-KURU」。気軽に英語を話そう!的なグループから参加するとハードルは低くなります。

ちなみに僕は、W杯の時に「英語で観戦しよう」というコミュニティーに参加したりしました。とにかく何かについて話し合ったり笑い合ったりするのはすごい楽しい!何か英語以外に目的があるコミュニティーでは、それについての話題が尽きないので、きっと楽しめると思います。

⑥通学型の英会話スクールに通ってみる

またこちらは必須ではないんですが、通学型英会話スクールに通ってみるのもアリです。何よりも会話に臨場感が生まれるので、面と向かって外国人と話す時に物怖じしなくなります。オンライン英会話にない利点ですね。

(ちなみに通学型のオンラインスクールはあなたはどのタイプ?絶対に後悔しない英会話スクール3選で紹介しています。)

僕の場合は仲良くなった講師の方とご飯に行ったりした点も良かった。だって毎回のレッスンにお金を払っている講師とプライベートで話せるんですからね。

しかしデメリットはやはりコストです。僕が通っていたスクールは401レッスンで5000円くらいでした、、。なのでお金に余裕のある方は検討してみるといいと思います。必ずしも必須ではないです。

でも講師以外のスタッフの人から学習の指針などを教えてもらったりと有意義な点はたくさんありました。いくつかオススメのスクールのを紹介しておきます。

GABAマンツーマン英会話

GABAマンツーマン英会話 「大胆不敵な人生目標に挑む人々を応援する」をミッションに掲げ、マンツーマンの英会話レッスンを提供。レッスン内容は個人の目的に合わせてカスタマイズが可能。ビジネスや日常英会話など、専用のオリジナルテキストも用意。生徒様へのアンケートでは95.8%の方が上達を実感、99.7%の方がレッスンを楽しめたと回答。

GABA
ライザップイングリッシュ

ライザップイングリッシュ 圧倒的な知名度、信頼のあるライザップが運営する英語スクールです。約5万人を超えるボディメイクで培ったノウハウを応用し、1人1人の課題に合わせて【専属トレーナー】が最適な方法を伝授することで、効率の良い勉強方法を身に付けて頂くことができます。それぞれの目的に合わせたコースがあります。

ライザップ

特に日常会話中心に伸ばしたい人はGABAがいいんじゃないかと思います。とにかく講師と話して身につけるスタイルのスクールなので、たくさん話す機会があります。

またGABAは、「実践に近い形式での授業」が意識されているので、パーテーションだけで区切られたブースで授業を受けます。というのも周りの雑音が聞こえる中で英会話をすることで、実際のシチュエーションに近い状況を作り出している、とスタッフの人に教えてもらいました。

またビジネス英語についてはGABAでもライザップでもどちらでもオッケーです。特にライザップの方は専属トレーナーが付き、一人一人の進捗に合わせたアドバイスをしてくれるので、一人での学習が不安な人は向いているかと思います。

ちょっと興味がある人は無料体験から始めてみてください。

まとめ

絵文字くんの1年間の英語の勉強。まとめるとこんな感じです↓

 

①フレーズを書籍を使って丸暗記して、

②「独り言英語ライン」でそれを暇な時間に確認して、

③ぶつぶつ呟いてアウトプットの準備をする。

そして、

④オンライン英会話

Meetup

⑥英会話スクール 等を利用しながら実際の会話の中でフレーズを使っていく。

 

この通り、日本にいながらインプット~アウトプットまでを完成させることができる環境が整っているんんです。「英語が話せない」とぼやく前にまずはインプットから始めてみるといいと思います。1ヶ月も継続すれば少しずつ効果が実感できてくるはずです。

そして、ワーホリで海外に出ることを考えている人、その計画があるなら今すぐ行動に移すべきです。国内でできる限り話せるようにしておいた方が絶対にいい。

また海外に出るまでにもう日数がない人・もう海外に出ている人だって、こうした勉強法を始めるのは遅くはありません。僕自身、カナダで日々インプットを繰り返していますし、オンライン英会話を受け続けています。

それぞれ置かれた状況は違えど、①~⑥は誰でも始められる内容になっているはず。ぜひ今すぐ行動に移してみてください。

みなさんの英語の勉強の助けになりますように。

番外編:YouTubeももちろんオススメ

①~⑥には入れるにはちょっと軽い内容かな、と思って番外編でYouTube。無料なので利用しない手はないです。ありとあらゆるジャンルの動画を観てみることをオススメします。

たとえば絵文字くんは一時期スニーカーにハマっていたので、海外の「スニーカーヘッド」の”vlog"を観てはスラングやカジュアルな会話を勉強したり、またガッツリ英語学習者向けのチャンネルをのぞいたりもしました。

ちなみに初級~中級の人にオススメなのがEnglishClass101.comです。有料レッスンの紹介も兼ねてYouTubeに動画が上がっていますが、それだけでも十分に勉強になります。また講師の方の発音がめちゃくちゃ綺麗なので、発音のお手本になるかと思います。(Alisha最高)

とにかく多種多様な英語を聞くためにYouTubeは素晴らしいツールだと思います。コストもかからないですし、とにかく自分の好きなジャンルからでいいので流し見しているだけでもリスニング力が変わって来ると思いますよ。