英語は毎日勉強「しない」。僕が行った英会話独学方法(楽しく継続するために)

トロント・シティーホール正面写真

ワーホリでカナダ・トロントに来てから半年が経とうとしています。

ワーホリというと、語学学校に通って、現地で英語を学ぶイメージが強いですが、僕は一切通いませんでした

しかし現在、シェアハウスの仲間たちと不自由なく生活を送っています。

トロントでのハロウィーンパーティー

じゃあ、英語力は?もともと話せたの?

いいえ、北関東田舎育ちの「純ジャパ」です。

解説をする絵文字くん

えもじくん

こんにちは、筆者のえもじです!今回は、これまで僕が行ってきた英会話の独学方法をシェアさせていただきます!

解説を聞くワシさん

ワシさん

その友達のワシです!よろしくお願いします。

英語に初めて触れたのは、小学生3年生の時です。

地元に「楽しみながら英語を話そう!」と銘打ったスクールができ、そこに週一回通っていました。

ですが数年でやめ、それ以来英語と無縁の生活に戻ります。

その後、時を経て大学生になり、東京で生活を始めたわけですが、外国人の教授とカタコトの英語しか話せない自分が情けなくなりました。

「英語話せないとダサいかも。。」

そうした気持ちが自分自身を突き動かし、大学に通いながら独学で英語を勉強し、外国人の彼女を作れるまでになりました。

そして、現在はカナダで海外暮らしをしています。

解説をする絵文字くん

えもじくん

まだまだ勉強中の身ではあるけど、英会話を勉強する人に、役立つ内容が少しはあると思って、この記事を書くことに決めました。参考にしていただけたら嬉しいです!

解説を聞くワシさん

ワシさん

俺もメモりながら聞くぞ。よろしくな!

僕自身、「何事も楽しく」をモットーに生きているので、その点を踏まえながら、ご自分の勉強スタイルに組み込んでいただけたらと思います。

まず、英語の勉強で意識すべき「軸」について

僕が考える英語に向き合うための軸は以下の2つです。

感覚と結びつける
勉強しない

これだけだとピンとこないと思うので、掘り下げて紹介させていただきます。

「感覚と英語を結びつける」ことで、リアルな英語を捉える

解説をする絵文字くん

えもじくん

僕が意識したのは、とにかく目・耳・口をフルに使って、感覚的に英語を学ぶことだよ。

解説を聞くワシさん

ワシさん

ほう、「感覚的」か。詳しく頼むぞ。

たとえば、電話番号を覚える時、何度もその番号を口ずさむことで記憶に残しますよね。

また、コンサートでアーティストが放った最後の一言が、ずっと耳から離れないこともあります。

つまり、自らの「感覚」と結びついた情報って忘れにくいし、定着しやすいんです。

多くの感覚を使って英語を理解する

これを利用して、英語も感覚と結びつければ最強じゃん、ということです。

忘れにくい上、引き出すスピードも格段と早くなるわけです。

「単語を覚える時は音も聞きながら」と言われるのは、こうした理由があるからなんですね。

解説をする絵文字くん

えもじくん

この内容は、英会話学習の第一人者も認めているよ。

解説を聞くワシさん

ワシさん

お、そうなんだな。

「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」の著者の斎藤氏は、この本の中でこんな風におっしゃってます。

英語学習において帰国子女が圧倒的に有利なのは、外国生活のなかで得た「基礎的なイメージ」を蓄積できているからです。

そう、この場合もやはり「動画」です。英語環境に触れられるような映像を教材として活用することで、単語に付随する「イメージ」をどんどん蓄積していくわけです。

斉藤 淳. 世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法(Kindle Locations 739-740). Kindle Edition.

つまり、感覚的に英語を理解することは、英会話力を身につけるために最強なんです。

従って、僕は「音声のみ」「文章のみ」のコンテンツは一切勧めません

個人的にも、目・耳・口をフル活用した学習方法を取り入れてきましたし、皆さんにもオススメしています。

「勉強しない」ことで英語を日常に溶け込ませる

解説をする絵文字くん

えもじくん

えもじも勉強がキライ。だったら、英語も勉強にしなきゃいいの。

解説を聞くワシさん

ワシさん

大胆発言だな(笑)

僕は、英会話の勉強に単語帳・文法書・参考書を使ったことがありません。

まだ英単語帳使ってる?

【英会話】まだ英単語帳使ってる?イメージで単語を暗記する方法

この記事を読む>>

理由は英語の勉強を「勉強」だと思っていないからです。

そもそも単語帳・参考書に手を出す時点で、英語を「勉強」する意識になっています。

しかし、多くの人が経験していると思いますが、勉強なんて3日坊主になって終了です。

だったら英語を「勉強」から脱却させ、続けられるものにしてあげればいいじゃないですか。

解説をする絵文字くん

えもじくん

また、「さりげなく日常に溶け込ませる」のもポイント。英語がいつもの生活に紛れ込んできたらこっちのもの!

解説を聞くワシさん

ワシさん

「さりげなく日常に溶け込ませる」かあ。(メモメモ

さりげない毎日の積み重ね→結果が出てモチベアップ→また積み重ねる→・・・の繰り返しで、英語の学習が継続できるようになります。

少しずつ成果を積み重ねながら学習する

毎日少しずつ学習を積み重ね、1週間・1ヶ月・1年単位で成果を確かめながら進めばいいんです。

これが定着すると、英語がない日常に違和感が出てくるはず。

この状態を作り上げることで、英語が無理なく日常に溶け込んできます

僕が行った、英会話練習の方法

前置きが長くなりましたが、ここから具体的な英会話の練習方法をシェアさせていただきます。

ご紹介した通り、軸はあくまでも「感覚と結びつける」と「勉強しない」です。

好きなYouTubeチャンネルでフレーズを溜め込んでいく

解説をする絵文字くん

えもじくん

ポイントは「好きな」YouTubeチャンネルだよ。ただ単に面白いとかでもオッケー。

解説を聞くワシさん

ワシさん

どうせなら爆笑できるやつとか?

無理して英会話学習のための動画を選ぶ必要はありません。

自分の好きな動画・笑える動画でいいんです。

ちなみに、僕がよく観るのはこんな感じです↓

勉強とは一歩引いて、英語に触れていきます(3つ目のチャンネルは英語学習のチャンネル動画ですが、勉強感がないのでオススメです)。

最近のYouTubeの動画には、字幕が付くことが多いです。

それを参考にしながらでいいので、繰り返し聞きながら文字に起こしていきます(僕はラインを使ってます!詳しくは、この記事下で解説しています!)。

どうしても聞き取れない部分は飛ばしてもオッケー。

使えそうなフレーズは積極的にメモし、ストックを蓄えていきます。

解説をする絵文字くん

えもじくん

文字には起こしてね。自分で正確に把握しているか確認できるし、繰り返しもできるから!

解説を聞くワシさん

ワシさん

りょーかい!

文字起こしするには、繰り返し聞き直す必要があります。

これを行うことで、1回目に拾えなかった音にも気付けるんです。

また動画ですので、話し手の状況も理解しながら「この状況でこのフレーズを使うんだな」ということも意識します。

つまり、すでに説明した「感覚と結びつける」作業をするんです。

Podcast等、音声のみで勉強する方法もありますが、個人的には今ひとつに感じています。

だって、Podcastで聞いた英語は視覚情報が伴っていないじゃないですか。

実際に英語を話す時は、視覚的な情報も踏まえながら言葉を選んでいくため、動画の方が絶対に効果的です

解説をする絵文字くん

えもじくん

しかも動画の方が楽しいから長続きするよ。

解説を聞くワシさん

ワシさん

モチベーション維持のためにも動画の方が優位なんだなあ。

とにかくたくさんの感覚と結びつけながら、様々な刺激とともに英語を理解していきます。

話し手の表情・周囲の状況・息遣いまで意識しながら、「こんなシチュエーションではこう言う」という意識をすり込んでいきます。

YouTubeの動画をダウンロードして聞きまくる

解説をする絵文字くん

えもじくん

気に入った動画はダウンロードして、スマホで持ち歩いちゃおう!暇なときに聞けるからね。

解説を聞くワシさん

ワシさん

あれ、YouTubeの動画ってダウンロードしていいのか?

著作権のことを気にされている方も、私的利用ならオッケーです。

YouTuber等、配信者のオリジナルコンテンツならば、ダウンロードして個人的に利用できます。

従って、これを利用しない手はありません。

まず、Online Video Converter等で動画をダウンロードします。

そして、スマホの音声再生アプリに取り込んで、いつでも英語が聞ける・楽しめる状態にしておきます。

個人的にはVLCというアプリがオススメです。

スマホ用VLCアプリ

App Store
Google Play

このアプリの大きな特徴は、10秒の巻き戻しができる点です。

繰り返して英語を聞きたい時、巻き戻しボタンを押すと戻りすぎてしまうことがありますよね。。

このアプリはそうしたストレスを感じることなく、フレーズの繰り返し再生が可能です。

また、Google DriveやDropboxとの同期・ダウンロードができる点でかなり便利です。

ドロップボックス・Google driveから直接読み込める

さらに、オフラインでも再生可能なので、スマホのデータを気にすることなく、どこでも聞ける点も素晴らしいです。

解説をする絵文字くん

えもじくん

日常に英語を取り入れていくためにも、ぜひ行ってもらいたいプロセスだよ。

解説を聞くワシさん

ワシさん

たしかに、スマホでいつも英語が楽しめるのは絶対にいいよなあ。

YouTubeの動画をダウンロードして持ち歩く方法をまとめると・・・

① Online Video Converterで動画をダウンロードする

② ダウンロードした動画をGoogle DriveやDropbox等のクラウドサービズにアップロードする

③ VLCでスマホから直接クラウドサービスにアクセス、動画をダウンロードする

繰り返しますが、ダウンロードするのは英語学習教材の音源ではなく、好きな動画です。

「スキマ時間に勉強!」と言われても、ついついサボってしまいますからね。

無理をせず、楽しみながら英語の日常化を図ることで、「英語脳」に改造していきます。

フレーズを「ライン」に送りまくる

解説をする絵文字くん

えもじくん

ご存知、トークアプリ「ライン」で自分だけのグループを作成、フレーズを送りまくるの!

解説を聞くワシさん

ワシさん

なるほど、ナイスアイディアだな!

ラインを使うことで、手軽にフレーズをストックできます。

また、いつも使っているアプリに英語が紛れ込んでくるので、英語が日常化します。

グループをピン留めして、下に流れるのを防ぐと便利です。

とにかく、時間がある時にこのグループを開き、ブツブツつぶやくようにします。

声を出せない状況でも口だけは動かしてみましょう

英語を話す回路にはなっているので、黙読するより断然効果があります。

解説をする絵文字くん

えもじくん

慣れてきたら日本語訳は不要だね。そっちの方が手軽だから、サッと送れるし!

解説を聞くワシさん

ワシさん

なるほど、了解!

状況をイメージしながら、フレーズを口ずさみます

これを習慣化し繰り返し行うことで、蓄えたフレーズがサッと口から出てくるようになります。

同時進行でオンライン英会話を使い実戦を積む

解説をする絵文字くん

えもじくん

フレーズを蓄えただけだと、何にもならないからね。同時進行で覚えたフレーズを使う作業が必要!

解説を聞くワシさん

ワシさん

覚えたフレーズを実際に使っていくんだな。

英語を実戦で試すためのポイントは次の2つです。

英語を実戦で試すためのポイント

毎日行う

手軽さを重視する

「土日にまとめて勉強」と、「毎日少しずつ勉強」を比べた場合、トータルの勉強時間は同じでも後者(毎日少しずつ勉強)の方が効果があります。

また毎日続けるためには、手軽でなくてはなりません。

英語に触れるハードルが高くなるほど、英語から遠ざかってしまうのは僕の経験からも明らかです。

従って、スクールに通うのは得策ではないですよね。

そうした点を考慮して最終的にたどり着いたのはオンライン英会話でした。

解説をする絵文字くん

えもじくん

「自宅でできる」点で超手軽。しかも毎日受講が基本だから、英語から離れてしまうことを防げるの。

解説を聞くワシさん

ワシさん

なるほど。いいことずくしなんだな。

さらに素晴らしいのは、月額6,000円程度でレッスンが受けられる点です。

計算すると、1レッスン200円ほど(!)で毎日英語が実戦で練習できます。

教材だって購入不要です。

どのスクールもオンライン上で選び放題。

正直、革命としか言いようがないですね(汗)。。

解説を聞くワシさん

ワシさん

たしかに、、1回200円ってヤバイよな。オススメのスクールってあるのか?

解説をするえもじくん

えもじくん

たくさんのスクールを受けて来たけど、結局はオンライン英会話の「ビッグ3」が圧倒的にオススメだね。

「ビッグ3」とは、オンライン英会話スクールの中でも受講者数・規模・質を考慮して国内最大の3スクールのことです。

個人的に自信を持ってオススメできる3スクールを紹介します。

DMM英会話

迷ったらDMM英会話で大丈夫です。言わずと知れた大手、DMMが運営するオンライン英会話スクール。講師の国籍は約110カ国にもなり、多様な英語に触れることができます。また例外なしの24時間運営のため、忙しい人にもピッタリです。僕自身、現在も継続して受講しています。受賞歴もあり、客観的な評価が高いスクールです。

レアジョブ英会話(Rarejob)

10年以上の歴史がある、老舗のオンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」。国内企業の英語研修にも使われるなど、信頼と実績のあるスクールです。また名前からも想像できるように、ジョブ=ビジネス英語に強く、「ビジネス英会話コース」も用意されているほどです。ビジネス英語を伸ばしたい方は検討必須のスクールです。

ネイティブキャンプ(Native Camp)

ネイティブキャンプの特徴は何と言っても「受講し放題」であること。月額料金だけで無制限レッスンが受けられます(レッスン予約は課金が必要)。従って、「時間が空いた時にサッと受講したい」「とにかく数を受けたい」という方にオススメです。また独自のアプリも展開しているため、スマホでもサクサク受講できちゃいます。

日本人一億人、全員に受講してほしい。

そんなオンライン英会話3選です。

特に、日本で英会話を伸ばすには本当に必須のツールです。

僕自身の英語力も、オンライン英会話の賜物なので、本気で感謝しかないです。

解説をする絵文字くん

えもじくん

それぞれ特徴はあるから、上の3つは全部試してもらいたいな。無料で体験レッスンが受けられるから。

解説を聞くワシさん

ワシさん

お、無料なんだな!

上の3つのスクールはすべて無料体験が受けられます。

体験の内容は次の通りです。

無料体験の内容

DMM英会話・・・2レッスン無料

レアジョブ英会話・・・2レッスン+日本語のカウンセリング

ネイティブキャンプ・・・7日間受講し放題

DMM英会話とレアジョブ英会話は有料プランに自動移行することもないので、気軽にどうぞ。

一方でネイティブキャンプは7日を過ぎると有料プランに自動移行してしまうので、その点は注意してくださいね。

解説をする絵文字くん

えもじくん

3つも受けるのダルイ・・・という方はDMM英会話だけでも大丈夫です。とにかく一歩踏み出すことから始めてみてくださいね。

とにかく、フレーズを覚える作業と同時進行で、オンライン英会話のレッスンを受講することを強くオススメします。

英語が苦手な人って、「まだそんなレベルじゃないから・・・」と言っていつまでも実践に移せないことが本当に多いです。

しかし、この状態ではいつになっても話せないです。

英語が完璧な人はオンライン英会話なんて必要ないんです。

自信がない状態でも積極的に実践を積むことが、英会話上達への最短ルートです。

このプロセスはどう考えても避けて通れないので、もう一度リンクを掲載しておきます↓

番外編:英語をもっと身近にするために

ここまでの内容ができれば、英会話学習の大きな一歩が踏み出せているはずです。

ですが、さらに英語を身近にするために僕が実践している方法を紹介しておきます。

スマホの言語設定を英語にしてしまう

解説をする絵文字くん

えもじくん

今すぐできる方法だよ!簡単だからやってみて!

解説を聞くワシさん

ワシさん

よっしゃ、あれ、言語の設定ってどこからやるんだ?

iPhoneの場合、設定から言語を変えられます。

iPhoneの言語の設定

アンドロイドの方も、それぞれの機種の設定に従って言語の設定を変えてみてくださいね。

最初はもどかしいですが、1週間もすれば慣れます

はじめの一歩として手軽に実行できるので、「スマホの言語設定の変更」、今すぐ行ってみてください。

フレーズの暗記を網羅的に行う

フレーズ暗記の必要性は、ここまでで説明した通りです。

ですが、「満遍なく、漏れがないように勉強したい」と考える方もいるはず。

YouTubeやオンライン英会話でも、十分フレーズは拾えますが、文法ジャンルごとに網羅する方法もあります。

ズバリ書籍を使ってしまうことです。

解説をする絵文字くん

えもじくん

この本は「日本語→英語」が瞬間的に口から出るように鍛えられるよ。僕も何十周か繰り返して覚えたね。

解説を聞くワシさん

ワシさん

ここでも繰り返しが必要なんだな。

より口語に特化した文が掲載されているのも特徴です。

英文自体は中学生レベルですが、サラッと正しく言える人は少ないはずです。

基本的な文も言えないままでは、その先のレベルに進めません。

ベストセラーですし、後悔はしないはずです。

今すぐオーダーしてみてくださいね。

非ネイティブの英語スペシャリストの考え方を知る


解説をする絵文字くん

えもじくん

この記事でもすでに引用させていただいた本だよ。筆者も日本育ちの非ネイティブでありながら、英会話力を上げられた方。目からウロコの内容満載だよ。

解説を聞くワシさん

ワシさん

同じ立場の人の意見も聞いておくと参考になりそうだな。

いわゆる受験勉強の英語ではなく、話すことに主眼を置いた書籍です。

僕が大学生時代に、優秀な教授から勧められた本なので、みなさんにも紹介しました。

根本的な英会話勉強の内容が、日本人の目線から書かれているため、本当に参考になっています。

まとめ

以上が僕が行ってきた英会話の勉強方法です。

長くなってしまったのでまとめます。

僕が行ってきた勉強まとめ

① 好きなYouTubeチャンネルでフレーズを溜め込む

② VLCでどこでも英語を聞ける状態にする

③ ラインにフレーズを送りまくる

④ オンライン英会話で実戦を毎日積む

+スマホの言語設定を英語にする

正直、特別な方法なんてないです

愚直にスタンダードな方法を繰り返す。

逆にこれで英語が上達することは、僕自身が証明しています。

大事なので、もう一度紹介したアプリ・スクールのリンクを貼っておきます。

YouTubeを持ち歩くVLC

App Store
Google Play

とにかく暇な時間を英語で埋めていくだけで、英語が日常化します。

そのためには、場所や状況に関わらず英語に触れることが必要です。

そう考えると、お気に入り動画をダウンロードして持ち歩くのがベストです。

オンライン英会話

僕の英会話力はオンライン英会話なしには語れません。

繰り返しますが、日本で英語力を上げるためにオンライン英会話は「必須」です。

無料で体験できるので、失うものはありません。

正直、ためらっている時間がもったいないです!

僕自身も試しに一通り体験したからこそ、今があります。

この記事を読んでくださった方は、英会話で実戦を積むことの重要性に気づいてくれたはず。

即行動して、その第一歩を踏み出すことを圧倒的にオススメします!!

ちょっと熱くなってしまいましたが、これがぼくの英会話に対する気持ちです。

海外で生活していても、英語が話せない日本人を見ると、自分のことにように悔しくなってしまうんです。

そうした気持ちから、こうした記事を書くに至りました。

生活の中に英語を取り入れつつ、今度こそはあなたの英語力に変化が現れることを願っています。

最後に言いたいのは、

「日本で英語力はいくらでも伸びる」

ということです。

超個人的な学習方法の紹介ではありましたが、一人でも多くの人にこのメッセージが届けばと思っています。

僕もまだまだこれからです。

「英語が話せない日本人」というレッテルを覆してやりましょう!!!!

以上、えもじでした。