ウーバーイーツ配達用の自転車はどこで買う?海外・カナダ編 | emojiBLOG

ウーバーイーツ配達用の自転車はどこで買う?海外・カナダ編

都市で自転車に乗る男性

ウーバーの配達員するけど、自転車はどこで買えばいいの!?

海外でのウーバーイーツ配達員レポート番外編です。

ウーバーの登録もしっかり済ませ(登録編はこちらから)、「これから働くぞーー!」と意気込んでいましたが・・・

あれ、自転車ってウーバーから支給されるんじゃないの!?

・・・そんなわけないですね(笑)

街中の配達員を見ていると、自転車に乗っている人、バイクに乗っている人等様々ですが、貧乏な僕は自転車一択です。

ということで、今回はカナダでの自転車の買い方についてみていきます!

ウーバーの基本的な見解

ウーバーの配達員は、基本、車・自転車での配達を認めているようです。

ウーバーイーツ(Uber Eats)の条件

僕が働き始めた頃は自転車で配達する人が多く、信号待ちをしていると配達員が列をなしていることさえありました。

ですが冬場はさすがに寒いため(トロントは-20度を下回ります)、車で配達する人が多かったです。

またバイクで配達する人は年間を通しても多く、自転車の僕らを追い抜いて行く彼らをみると羨ましい気持ちになったのは事実です。

ということで、バイクもオッケー、ということで大丈夫かと思います。

カナダの自転車事情

カナダ・トロントでは、移動手段としての自転車がかなりメジャーです。

みんなしっかりヘルメットを被って自転車を漕いでいます。

自転車に乗る人たち

またトロントでは、すべての道路ではないですが「バイクレーン」があり、自転車が快適に走ることができます。

カナダ・トロントのバイクレーン

また自転車を駐めておくためのポール(?)があちこちにあるので、サイクリングには適した場所であると思います。

ポールについないだ自転車

こうした事情からも、「カナダで自転車を乗り回したい!」という気持ちがあり、自転車での配達をすることに決めました。

本題:自転車はどこで買う?

僕の自転車

僕がトロントで使っている自転車(実は2代目)

オススメはkijiji

カナダ版のヤフオク・メルカリなようなイメージですが、kijijiでは家探しまでできちゃいます。

kijiji(キジジ)でできる売買・貸し借り

(ちなみに、トロントでの家探しについては絶対に失敗しないトロントの部屋探しをどうぞ。)

とにかく、僕はkijijiで100ドル(8,500円くらい)の自転車を購入。

あんまり安いと自転車の状態が悪く修理が必要で、逆に高くつくことがあるそう。

その辺はバランスを考えながら、ちょっと良さげな自転車をゲットした方が良いです。

ちなみにバイクはどこで買う?

EMMO・バイク

EMMOのホームページより

普通のバイクでも大丈夫ですが、トロントではEMMOという電動バイクを結構見かけます。

いわゆる「電動」なので、ガソリンを使わず、家のコンセントから充電するそうです。

EMMOのショップもダウンタウンにあるので、興味のある方は検討してみると良いかもです。

免許いらず(ナンバープレートもない)なので、特に紛らわしい手続きも不要。

ただ1台10万円くらいするので、お財布と相談になりそうですね。

もしワーホリだったら、帰る時にkijijiで売却するというのも手です。

例外:セグウェイでの配達員もいる

これです(笑)

最初は目を疑いましたが、デリバリーバッグを持って配達してました(笑)。

この辺りは、全てが法規制だらけの日本と違って、寛容な部分があるカナダ。

ウーバー的にもグレーだとは思いますが、試したい方がいたら是非どうぞ。

これで配達の準備が完了!

バスが24時間動いているトロントは、交通機関も便利ですが、自分の足があるとさらに便利であることは間違いないです。

従って、配達員・プライベートの両方で便利な自転車・バイクの購入をオススメします。

ということで、実際の配達レポートはこちらをどうぞ。

海外で配達してみた

【海外のウーバーイーツで働いてみた2】カナダで緊張の配達初日

この記事を読む>>