カナダ・ウーバーイーツ配達員・給料を高く保つ方法 | emojiBLOG

カナダ・ウーバーイーツ配達員・給料を高く保つ方法

チップをもらうウーバーイーツの配達員

カナダで生活中のえもじです。
ウーバーイーツの配達員として1000デリバリーを達成しました。登録から全ての手順をまとめた内容はこちらの記事をご覧ください↓

さて今回は、配達員の給料を高く保つ方法について。

  • 矛盾するようですが、ウーバーイーツ配達員の給料を上げる方法はありません。

この下で詳しく解説しますが、基本的な給料は決まっているため、いわゆる「出来高制」ではありません。

一方で、細かい点を知っておくことで、給料を最大限高く保つことは可能。僕は10ヶ月でそれを取得しました(笑)。

従って今回は、そうした給料を高く保つ方法について情報をシェアさせていただきます。

カナダのウーバーイーツ配達員・給料計算方法



まずは「基本給」の計算から。1回のデリバリーの給料は下の合計で決定します。

オーダーの受け取り:$1.5
オーダーの受け渡し:$1.0
走行距離:$0.49/km
所用時間:$0.28/分


例を挙げると、レストラン〜届け先までの距離:2km、所要時間:20分の場合
受け取り($1.5) + 距離(2 × 0.49) + 時間(20 × 0.28) + 受け渡し($1.0) = $9.08

これが1配達ごとのベースの給料。これを2回、3回と繰り返すことで、合計の給料に加算されます。

Boostで基本給が◯倍に

この「基本給」を底上げする仕組みが「Boost」です。これによって、基本給が◯倍になります。

  • ちなみにこの「Boost」は季節・曜日・時間帯・場所によって異なります。

Boostによって給料が天と地ほど違うので、基本的に配達員はその倍率を気にしながら働くタイミング・場所等を決めています。

給料の計算方法、季節ごとの給料、さらにBoostについては別記事でまとめているので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ↓

給料を高く保つ方法

微笑むウーバーイーツの配達員

さて、本題のウーバーイーツ配達員の給料を高く保つ方法についてです。

若干グレーな内容もありますが、ペナリティーは受けない内容になっているので、安心してお使いください。

配達が完了するギリギリ最後まで「完了させない」

最初に一番グレーな内容を持って来てしまいましたが、僕は今でもやってます。配達が終わるギリギリ最後までデリバリーを「完了」させません。

例えば、ビルの30階の人に配達した時、お客さんにオーダーを届けてから1階まで降りるまで多少時間がかかります。そして、そのビルを去る直前にアプリの「Finish Delivery」ボタンをスワイプします。

  • 理由は配達中の時間のみ、給料が支払われているからです。

改めて給料の計算方法を掲載しておきましょう。

オーダーの受け取り:$1.5
オーダーの受け渡し:$1.0
走行距離:$0.49/km
所用時間:$0.28/分

注目したいのは「所要時間」で給料が支払われている点。配達にかかった時間も考慮されているため、1回あたりの配達時間が長い方が多く給料が支払われるのです。

従って、お客さんにオーダーを渡した直後に配達を完了させてしまうと、配達にかかった時間が短くなり、給料もその分支払われません。

そのため、最後の最後までデリバリーを「完了」させないと、多めに支払われます。ちょっとグレーですけど大丈夫です。次のオーダーが入ったレストランに向かう直前にオーダーを完了させましょう。

近くのレストランからのオーダーを取る

ここまでの内容を読んで、「オーダーを遅く完了させても、次のオーダーにかかる時間が短くなるから給料は一緒じゃん」と考えた方もいるはず。

ところが!給料を高く保つために気をつけなくてはいけないことがありまして・・・

  • オーダーを取ってからレストランに向かう間は、給料が支払われません。

すでに紹介したように、配達の「走行距離」や「所要時間」でも給料が支払われますが、これはあくまで、レストランからお客さんのもとに届ける時の話。

つまりレストランに「向かっている」間の時間はムダなのです。

一般的な配達距離

そのため、できるだけ近くのレストランからオーダーを取るのが鉄則。1分でレストランに到着できればムダは1分ですが、10分かかればムダは10分。

従って、あまりにも遠くのレストランからオーダーが入った時は、拒否をして次のオーダーを取った方が給料を高く保てます。

暇な時は遠くのオーダーもやむを得ない!

できるだけ近くのレストランからのオーダーを受けるのは鉄則ですが、そんな贅沢を言っていられない時もあります。それは「暇な時」。そうした時に受けるオーダーは貴重なので、少し遠くても我慢して取った方がいいです。「オーダーゼロ」よりは遠くても配達があった方がいいですからね。

「Boostの良い時間×忙しい時間」を狙う

この記事の冒頭でも紹介しましたが、「Boost」については、別記事で詳しく解説しているのでこちらの記事↓をご覧ください。

少し解説すると、Boostはランチ・ディナーのタイミングに高くなるので、その時間に働いた方が効率的に稼げます。普段の「1.1倍」の時よりディナータイムの「1.4倍」の時の方が給料が上がるのは当然ですね。

  • ですが、特にディナータイムのBoostの高い時間帯は、必ずしも忙しいとは限りません。

ウーバーイーツ配達員のディナータイムは「17時〜21時」が一般的です。ですが17時〜18時はそれほど忙しくない日が多いです(もちろん日によります)。

従って、特に17時〜18時は「Boostの倍率は高いけど、それほど忙しくない」時間帯。もちろんBoostが高くても、オーダーが入らなければ給料はゼロ。その時間はムダになってしまいます。

そのため僕個人としては、18時くらいから配達を開始することで、「待機しているけどオーダーが入らない時間」を極力減らしています。

Boost圏内の中心でオーダーを取る

Boostの倍率が高いエリアは、ウーバーイーツの配達員用のアプリで確認できます。基本的にこの倍率が高いエリアで配達した方が給料が上がるのはご紹介した通りです。

UberEATSのBoost場所による違い

  • 一方で、このエリアから出ると当然倍率は下がります。

たとえば、オーダーを受けたレストランはBoostの高いエリア内だけど、届け先は圏外の時。このオーダーが終了した後、再びBoostの高いエリアに戻らないと次のオーダーの倍率が下がってしまします。

UberEATSのBoostの外に出る

そのため、Boostが高いエリアの「中心」のレストランからオーダーを取るのがベスト。届け先が少し遠くても、Boost圏外に飛ばされる可能性が減らせますからね。

Boostは給料に大きく影響するので、これを考えることって結構重要ですよ。

家から離れすぎないようにする

最後のお話は給料には直接影響しないけど、体力的・メンタル的に大切な内容です。

  • 自宅から離れすぎないようにしましょう!

ウーバーイーツのオーダーは、僕たち配達員の家の場所を考慮してくれないので、「気付いたら家からめっちゃ遠くにいる、、orz」ということがたまに起きます。

配達を開始したのが家の近くでも、何度か配達をするうちに家から遠ざかってしまうことがあるのです。

当然、給料には影響しないのですが、最後の配達を終えて家に帰るまでが大変。せっかく仕事を終えて休みたいのに・・・体力・メンタル両面で削られます。

そのため、「家から遠ざかってるな・・・」と感じたら、少し家の近くに戻ってからオーダーを取るのも戦略の一つです。配達を終えたらサッサと帰りたい人は、こうした内容を意識した方がいいですよ。

ウーバーイーツ配達員・給料を高く保つ方法:まとめ

チップをもらう配達員

今回は、カナダでウーバーイーツの配達員をする僕が、給料を高く保つ方法についてまとめました。働くならコツを掴んでガッツリ稼ぎましょう!

冒頭でも紹介しましたが、実際に配達員に興味のある人は、こちらの記事↓で登録〜デリバリーまでの流れをまとめているのでご覧ください↓

また「体験レポート」として、僕の経験をブログ形式でまとめているので、気軽に内容を知りたい方はこちらからどうぞ↓



ウーバーイーツ配達員体験レポート

最後に実際にカナダ(トロント・バンクーバー)で配達員の登録をする方は、僕の招待URLをお使いください↓。最初の30デリバリーで$155の最低限の給料が保証されているので、初めてでも安心です。

本記事の内容は以上です。
ぜひ各記事を読みながら、効率的に稼いでくださいね!