【海外・カナダ】ウーバーイーツUberEATS配達員への評価ってどうなってるの?

ウーバイーツ(UberEATS)のアプリ

ウーバーイーツの配達員への評価の仕組みってどんな感じ?

UberEATS(ウーバーイーツ)で注文をしたことのある方はご存知のはず。

配達員への評価システムがあります。

ウーバーイーツ配達員への評価

しかし、配達員としては腑に落ちない点が多く、「なぜ悪い評価?」とモヤモヤすることも多いのが事実。

従って今回は、ウーバーイーツの評価について、カナダ・トロントで配達員をしている僕がレポートしてみます。

評価システムってどうなってるの?

配達が終わるごとに、お客さんが配達員を評価できます。

ボタンがあり、それぞれ理由が選択できるようになっています。

ウーバーイーツ(uberEats)の良い・悪いボタン

お客さん側は気軽に評価できるため、配達員としてもフィードバックを受け取ることが多いです。

また、お店側も配達員を評価でき、配達員のプロフィールページから閲覧できます。

そして、お店+お客さんからの最新100の評価が一覧をして表示されるわけです。

ウーバーイーツの配達員への評価

どんなフィードバックが来るの?

ウーバーイーツ・スマホアプリ

結構言いたい放題な感じで来ます。

「待ち合わせの場所に来なかった」とか「注意書きを読んでない」とか。。

ウーバーイーツ(uberEats)の悪い評価

具体的なフィードバックのコメントまでは表示されませんが、選択した項目によってお客さんは何が不満だったかを確認できます。

個人的には、お店からの悪いフィードバックは受け取ったことがないです。

配達員としては評価に納得がいかない!

不安がる男性

このシステム、実は「どの配達での評価なのか」が表示されません。

従って、「悪い評価を受け取ったけど、これっていつのやつ?」となります。

なんとなくお客さんの態度で予測できる時もありますが、「なぜ!?」と思うこともしばしばあります。

具体例をみていきます。

Did not come to door「待ち合わせの場所に来なかった」

この評価をした人はなんとなく予想できます。

実はこの時、ウーバーのアプリが配達先の場所を間違って表示していました。

教育機関の建物(かなり大きい)の人へのデリバリーだったのですが、マップだと建物の裏口を指していたんです。

ウーバーイーツ配達時のマップ

当然、その場所に行きますが誰もいません。

するとお客さんから電話が。

お客さん:「どこにいるの?」

僕:「〇〇駅の入り口が見えるけど。」

お客さん:「そこじゃない」

僕:「じゃあどこ?」

お客さん:「建物の入り口」

僕:「それはどこ?」

お客さん:「赤い看板のレストランのところ」

僕:「それはどこ?」

お客さん:「Oh my god…(呆れた声)」

相当空腹だったのでしょう。会話にならない。

自分のいる場所を伝え、どの方角に向かえばいいかを聞いても、よく分からない答え。

とにかく電話は切り、建物の周囲を見て回ると、何やら正面入り口的なのが見えます。

すると、スマホ片手に不機嫌そうな女性が一人。

名前を聞くと、電話の彼女だったので、オーダーを渡して終了。

オチとしては、ウーバーのアプリが裏口を指していたのに、彼女はメイン入り口で待っていたため、会うまでに時間がかかった、という感じでした。

これで悪い評価をされちゃいます。これって僕のせいなのか??

Ignored delivery note「お客さんからの注意書きを読んでいない」

注文を受けると、お客さんからの注意書きも確認できます。

「入り口は建物の横ね」とか「ユニットBね」とか。

ウーバーイーツ配達員注意書き

毎回確認していますが、トロントも広いですから、初めて配達しに行く場所がほとんど。

迷う時もあります。

特にタワマンへの配達は、Buzzer Codeといって、建物に入る時のキーコードを打ち込まないといけないのですが、お客さんによっては伝え忘れていることがあります。

それで建物に入るのに時間がかかることもあり、おそらくその時の悪い評価かと。

具体的にどの配達だったかは見当もつきません。

Late to drop「遅い!」

配達距離もオーダーによって様々です。

レストランの隣のビルから注文が入ることもありますし、4キロ以上運ばないといけないことも。

特に遠くて坂道が多い場所は大変。

トロントですと、ダウンタウンでオーダーを取って、北に運ぶのがキツイ。

配達は南から北が大変(カナダ・トロント)

おそらくこの悪い評価は、そうしたオーダー。

自転車で登りきれないほどキツイ坂を通らなくてはならず、時間がかかったオーダーがありました。

納得はできなくても評価は気にする必要ありません

ジュースを持ってスマホを見る女性

例にも挙げたように、結構理不尽な評価がほとんど。

とくに「遅い」なんて評価は、すべてのしわ寄せが配達員に向かっているわけです。配達距離はこちらで指定できないので。

従って、評価については気にする必要なし。

「お客さんの文句のはけ口」くらいに受け止めておくのが正しいです。

すべての人に好かれるなんて無理です。評価は受け流しながら配達を楽しみましょう!

海外のウーバーイーツ配達レポートもどうぞ!

お伝えしている通り、僕はカナダのトロントでウーバーイーツの配達員をしていますが、そのレポートを連載でお伝えしています!

ウーバーイーツ配達員の登録の方法から配達中のトラブル、さらには給料に驚愕したり・・・リアルな海外の仕事の内容をお届けしています。

ちなみに、「ウーバーイーツの配達員始める!」という方は、僕の招待を使ってください!励みになりますm(__)m

ウーバーイーツ配達員登録ページ

こちらのURLから情報を入力することで、ウーバーイーツへの登録が完了します。

そのあとはお近くのウーバーオフィスに行って手続きするだけ。

基本的にフレキシブルな働き方が好きな人にはオススメですよ!

繰り返しますが、詳しくは登録編↓で。

ウーバーイーツのバッグ

【海外のウーバーイーツで働いてみた1】登録しにいってみよう。

この記事を読む>>