ウーバーイーツ(UberEATS)の配達員って危険じゃない?安全性について解説

自転車に乗るUberEats(ウーバーイーツ)の配達員

ウーバーイーツの配達員って道路を自転車で走ってるけど、危険じゃない?

今回は配達員の安全性についてです。

僕は現在、カナダ・トロントでウーバーイーツの配達員をしているのですが、100%自転車で仕事をしています。

ですが、車と車の狭い隙間を通り抜けないといけないのは事実。

車の間を走る自転車のライダー

従って、「ウーバーイーツのライダーって安全性とか大丈夫?」と心配な皆さん向けに、その内容をお伝えします。

カナダの交通ルールについて

カナダ・トロントの歩行者用信号

まずトロントでは、移動手段として自転車を使う人がかなり多いです。

従って、多くの道路に「バイクレーン」がありますし、自転車をチェーンで留めておけるポールがあります。トロントの自転車事情・自転車の買い方について詳しくはウーバーイーツ配達用の自転車はどこで買う?海外・カナダ編をどうぞ。

少なくとも、日本よりは自転車が走りやすい環境であることは間違いないです。

もちろん、右側通行です

ご存知の方も多いと思いますが、カナダは右側通行です。従って、自転車も道路の右端を走ることになります。

また、右折する車は直進する自転車がいないことを確かめてから曲がらなくてはなりません。教習所で習う「巻き込み確認」です。

しかし、あまり周りを確認しないで右折するドライバーもいるので、自転車に乗る人は気をつけないといけません。

交通の決まりで日本と違う点は?

1番の大きな違いは、信号が赤でも安全が確認できれば右折できる点です。

従って、信号の色に関わらずいつでも右折はできることになります。これも意外と厄介で、歩行者がいるのに右折を試みるドライバーがいるので、気をつけないといけません。

また、信号の色については、意外にこれが「え?」となるかも。

カナダの信号

これは、基本的にどの方向にも進めます。対向車側が赤の時の表示だそうです。

カナダの自転車向け・交通の決まり

カナダ・トロントの自転車風景

曲がるときの合図も忘れずに

自転車には車のようにウインカーがないので、手で合図が基本。

でも日本人にはあまり馴染みがないかもなので、カナダ式のルールを掲載しておきます。

カナダの自転車の合図

こんな感じで後続の自転車・車に伝えます。

これを怠らなければ文句を言われることはありません。やらないと、自転車のベルを連打されます。

ヘルメット着用率かなり多い

トロントが属するオンタリオ州では、大人のヘルメット着用義務がありません。

しかし、街中に出れば気づきますが、ヘルメットの着用率が圧倒的に高いです。これも自転車を利用する人が多い場所の特徴でしょうか。

ですから、僕としてもヘルメットの着用をおすすめします(当然、僕もしてますよ)。

緊急車両が来たらちゃんと避けます

トロントでは、みんな大げさなくらいに救急車・消防車・パトカーに道を譲ります。

カナダ・トロントの救急車

基本的には道路の真ん中を空ける感じ。猛スピードで緊急車両が通り抜けていきます。日本よりも緊急車両の制限速度が大きいはず。

ちなみに、緊急車両のサイレンはありえないくらい大きいので、道を譲りながら耳を塞ぐ人が多いです。

ウーバーイーツの配達員は危険じゃないの?

ウーバーイーツの配達員

交通ルールの解説が長くなりましたが、本題のウーバーイーツのライダー(自転車の配達員)の安全性について。

交通ルールを守っていても危険な体験は何度かしています。

基本的に飛ばしすぎない

スピードさえ出さなければ、周囲の状況に対して即座に反応できます。逆にスピートが出ている程、危険度は増します。

バッグにはお客さんの荷物も預かっていますし、慎重に運びましょう。「届けたけど汁物が溢れてた・・・」というのが最悪なので・・・orz

一番危険なのは右折する車

すでにお話ししましたが、右折の時に後方を確認しないドライバーがたまにいます。

ドライバーは基本的に、直進する自転車がいないことを確認してから右折しなくてはなりません。しかし、これをしないドライバーがかなり危険。

配達員の僕たちとしては、右折する車に一番気をつけたいですね。

いきなり出てくる歩行者にも注意

バイクレーンは歩道の隣にあるため、急に歩行者が飛び出してくることがあります。僕も3、4回彼らを引きかけてます。

基本的には、「もしかしたらあの歩行者飛び出してくるかも」と思ったら自転車のベルを鳴らしちゃうのが安全です。

ベルについては、結構派手に鳴らしても怒られませんよ。

まとめ:基本のルールさえ守っていれば安全は守れる

微笑むウーバーイーツの配達員

トロントは交通のインフラもしっかりしてますし、基本的な交通ルールさえ守っていれば事故に遭う確率は減らせます。

繰り返しますが、一番気をつけたいのが「右折する車」「飛び出してくる歩行者」です。その他は、常に周囲を見渡して運転していれば基本は大丈夫です。

警察署によくある文言ではありませんが、「安全運転で」配達をしましょう。

また、僕のウーバーイーツ配達員体験レポートをご覧になっていない方は、こちらもどうぞ↓

ウーバーイーツ配達員体験レポート

また、ウーバーイーツの配達員に役立つ情報もガンガン発信しています↓

本記事の内容は以上です。
ウーバーイーツの配達員の登録配達員登録ページからどうぞ。僕からの招待URLです。