カナダ・ウーバーイーツ配達員が最初に買っておくべきもの

海外UberEATS配達員買うべきもの

カナダでウーバーイーツの配達員をしています、えもじです。
1000デリバリーを達成した僕が解説する、登録方法・配達のコツはこちらの記事をどうぞ↓

さて今回は、配達員になるために必要なものについて解説します。

  • デリバリーを始めるために、ある程度の初期費用が必要なことは事実です。

つまり、自分で買っておくべきものがあるので、今回はそうした内容について紹介しておきます。

これからカナダ(トロントやバンクーバー等全ての都市)で配達員を始める人は、ぜひチェックしてみてください。

登録までに必要な費用

自転車に乗る男性

まずは登録までに必要な費用について。

  • 登録は招待URLからサインインすると安心・確実です。

最初は配達スピードも遅く、給料が下がりがちです。。一方で招待URLからサインインすると最初の30デリバリーで$155の最低限の給料を保証してくれます。

これから登録する人は↑からどうぞ。僕からの招待URLを是非お使いください。

オンライン登録時に必要な費用

まずは最初のステップ。オンラインで配達員の登録をするまでに必要なものはこちらです↓

ワーキングパーミット(就労許可書)
身分証明書(パスポート等)
スマホ

以上です。ほとんどの人がスマホを持っているはずなので、登録までに必要な費用はゼロ。

今後、提出する書類の内容が変わるかもしれませんが、基本はこの3つです。サクサク登録を進めてウーバーから配達の許可をもらいましょう(問題さえなければスムーズです)。

オフィス登録の時に必要な費用

オンラインでの登録が完了したら、オフィスでの登録を進めます。繰り返しますが、登録方法はこちら↓から。カナダ全都市対応です。

オフィス登録の時に必要な費用ですが、基本的にはゼロ。ですが・・・

  • 個人的にはデリバリーバッグを買っておくことをおすすめします。

街中で見たことがある人も多いですよね。あの大きなバッグです。

ウーバーイーツのデリバリーバッグ

バッグがなくても配達は可能なんですが・・・商品を大切に運ぶためにもバッグは買っておいた方がいいです。

僕が登録した時はバッグの購入が必須でなかったため、購入する場合はオフィスでスタッフに聞いてみてください。$35で買えます。

つまりバッグを買う人は、登録時に$35が必要になります。

登録後に必要な費用

自転車に乗る男性

登録が完了したら、晴れて配達を開始できます!・・・が、配達を始めるに前に必要なものがいくつかあります。個人的には下の3つです。

自転車
自転車用ロック
スマホ用充電器

自転車は必要

当たり前・・・ですね(笑)。この記事を読んでいるほとんどの方が車を持っていないと思うので、自転車は必須です。

ではどこで買うべきでしょうか?僕はオンラインのkijijicraigslistをおすすめします。

kijijiの自転車一覧

$60くらいから割とちゃんとした自転車が売られているので、状態を確認して購入します。

ちなみに、kijijiやcraigslistでの自転車の購入方法については、下の記事でまとめているので是非どうぞ↓

自転車用のロックも必須

治安は良好のカナダですが、軽犯罪は多いです。

  • そのため、少しでも自転車から離れる時は鍵をしないと盗まれます。

レストランでオーダーを受け取っている時やお客さんの家に自転車を置いている時等・・・少しでも目を離す時はロック必須です。

自転車用のUロック

僕自身、1年間に2回も自転車を盗まれてます。。置いた場所に自転車がない時のショックは結構大きいです。その内容は別記事でまとめているので、興味がある方はどうぞ(実体験です)↓

盗難に遭って余計な出費が増えないように、ロックはちゃんとしておきましょう。

スマホ用の充電器もあった方がいいです

GPS機能を利用したアプリ(ランニングアプリとか)を利用したことがある人は知っているはず。充電が鬼のように減ります。

  • ウーバーイーツのアプリも配達中はGPSフル活用です。

僕のiPhoneが若干古めということもありますが、充電100%にして配達を始めても、1時間後には20%を切ることがあります。

一番怖いのは、レストランからオーダーを受けた後に充電が切れる場合。オーダーはバッグの中にあるのに、お客さんの住所が見られない、という事態になってしまいます。

バッテリーの残量にビクビクしないで済むよう、充電器は買っておきましょう。$20くらい。

配達時に必須のもの:合計金額

ここまで配達の時に必要なものを挙げました。ざっと合計金額を計算しておきましょう。

デリバリーバッグ・・・$35
自転車・・・$60
自転車用ロック・・・$15
スマホ用充電器・・・$20

合計・・・$130

ざっくりこんな感じでしょうか。充電器はすでに持っている人が多いと思うので、ここまでかからないかもしれません。

ちなみに、どれくらいでこの初期投資$130の元が取れるかというと・・・

  • 冬場なら4時間、夏場でも7時間

という感じです。もちろん、曜日や時間帯によりますが、Boostの高い時間を狙って働けばすぐに元がとれるはずです。

ここまでで挙げたものはケチりようがないため、できるだけ早めに用意しておきましょう。

(ちなみに、「Boost」について知りたい方は、こちらの記事↓で解説しています。)

必須ではないけど、あった方がいいもの

ヘルメットをする少女

ここまで必要なものを紹介しましたが、「あったほうが便利なもの」もあります。

最初から必要はありませんが、あった方が安全性・効率性が向上するものを紹介しておきます。

カナダでは自転車のヘルメットの着用率が高いです

カナダでは、移動手段として自転車を利用する人がたくさんいます。

  • そのため、自転車に乗る時の装備も割としっかりしている人が多いです。

全ての道路ではありませんが、「バイクレーン」がある場所が多く、自転車用の環境が日本よりも整っているカナダ。

街中で見かけるサイクリストたちは、結構の割合でヘルメットを着用しています。

自転車に乗る人たち

実はトロントではヘルメット着用は義務ではありませんが、バンクバーでは必須。ヘルメットをしていると安全ですし、見た目もプロフェッショナル感があるので、着用を強く勧めておきます。

「Canadian Tire」や「Walmart」、もちろんAmazonでも買えます。$20ほどです。

スマホホルダーがあると超便利

自転車に取り付けられる「スマホホルダー」があると便利です。

自転車用スマホホルダー

1000デリバリーを経験した僕でも、アプリの地図を見ながら目的地まで向かいます。ですが、その都度ポケットからスマホを出すのは面倒・・・そこでスマホホルダーが重宝するわけです。

配達中もスマホホルダーを使っていると「それいいじゃん!」と他の配達員から声をかけられるほどです。それだけ便利でクールだと思います。

$10ほどのもので十分です。

バスタオル(汗拭き用ではありません)

当然、夏場は汗拭き用のタオルがあってもいいですが・・・今回ご紹介するのは汗拭き用ではありません。

  • バッグの中でオーダーのクッション代わりに使います。

すでに写真で紹介しましたが、ウーバーイーツのデリバリーバッグはかなり大きいです。従って、受け取ったオーダーが小さい時は中で「遊び」ができてしまうんです。

これがスープだと結構大変。倒れて中身が溢れてしまう可能性が。
それを防ぐのがバスタオル。これでオーダーを固定できます。

タオルを使ったバッグの詰め方

僕は2枚使い。この方法を思いついてから中で商品が倒れることがなくなりました。

安いものを見つけて$3ほど。

夜の配達は自転車用ライトがあると安全

すでに配達員の給料を底上げする「Boost」についてお伝えしましたが、この倍率が高くなるのがディナータイム。つまり夜も「熱い」時間帯です。

  • そのため、夜の配達をする人も多いはず。そのため自転車用ライトはあった方がいいです。

僕は前が白いライト・後ろが赤の点滅するライトを使っています。Amazonで前後セットで$20くらいだったと思います。

ですが、正直安いもので十分です。Dollaramaで$3くらいで購入できるはず。夜配達する際は心強いですよ。

「あったらいいもの」の合計

以上、「必須ではないけど、あった方がいいもの」を紹介しました。

まとめるとこんな感じになります↓

ヘルメット・・・$20
スマホホルダー・・・$10
バスタオル・・・$3 × 2 = $6
自転車用ライト・・・$3

合計・・・$40ほど

こちらは配達を始めた後に徐々に買い足していけばいいと思います。なくても配達はできますが、あれば快適・スピーディーになります。

効率的に配達することで、お客さんからの悪い評価を受けることを未然に防げますし、おすすめです。

ウーバーイーツの配達員・必要なもの:まとめ

自転車を直す男性

今回は、カナダ(トロント・バンクーバー)でウーバーイーツの配達員をする人向けに、買っておくべきもの・必要なものを紹介しました。快適・安全なデリバリーをするために参考にしてください。

またすでに紹介しましたが、配達員の登録については僕の招待URLをお使いください。最初の30デリバリーで$155を確実にゲットできる給料保証制度があります。

↑慣れないうちはスピードも遅いので、こちらから登録すると安心です(僕も誰かに招待して欲しかった・・・)。

またウーバーイーツの配達員としての経験は、各記事でまとめているので、読んでおいて損はないはず。ぜひどうぞ↓

読んでおくと役立つ記事

本記事の内容は以上です。
カナダで快適で楽しい配達員ライフを!