代理配達は可?カナダ・UberEATSの変な経験。

ウーバーイーツ配達員・変なこと

カナダ・トロントでUberEATSの配達パートナーをしています、えもじです。

海外の配達パートナーの経験を記事にしているので、興味のある方はウーバーイーツ配達パートナー・サイトマップからお好みの記事をどうぞ。

さて今回は、先日起きた少し変わった経験について。UberEATSの配達パートナーをしていると、配達中にいろいろなことが起きます。

特に先日は、9ヶ月配達パートナーをしていて初めて「スマホに関連した変なこと」が起きたので、その内容をシェアしてみます。

ウーバーイーツの配達パートナーにとってのスマホ

スマホを見る男性

UberEATSの配達パートナーにとって、スマホは大切です。オーダーを受けるのも届けた報告をするのも全てアプリで行うので、スマホなしに仕事はできません。

一般的な配達距離

基本的に地図を見ながらレストランや届け先まで向かうため、スマホホルダーを自転車につけて配達する人が多いです。僕もそうしてます。

バッテリーの減りはめちゃくちゃ早い

配達パートナーは、自分にいる場所に近いレストランからオーダーが入ります。また届けるまでの道のりは、注文者がリアルタイムで見れるようになっています。

  • 従って、配達中はGPSをずっとオンにしたまま働かなくてはなりません。

使ったことのある方はご存知のはずですが、GPSってめちゃくちゃバッテリーを食うんです。。従ってモバイルバッテリーの持参は必須。

僕の場合、充電100%にして配達を開始しても、1時間もすると20%くらいになっちゃいます。その後は充電しながら配達する感じ。

従って、バッテリーは超大切。

スマホの充電が切れると恐怖です

なくなりそうなスマホのバッテリー

仕事の全てをスマホで行うため、逆に充電が切れると仕事ができなくなります。これが配達パートナーにとっての恐怖です。

代わりに俺のオーダーを届けて!

こちらが先日起こった内容です。いつも通り配達をしていたのですが、その時持っているオーダーを最後に、配達を終了しようと考えていました。

レストランからオーダーを受け取り、注文者のもとへ運んでいる時、インド人らしき人が寄ってきまして・・・

「ウーバーの配達パートナー?俺のオーダーを代わりに届けてくれ」

そう言われました。

最初は「は!?」と思いましたが、どうやら彼のスマホの充電が2%しかなく、注文者のもとまで届けられない様子。

充電の減りが怖いのは配達パートナーあるあるですが、これは経験は初めてだったので、かなり驚きました。

疑いながらも承諾しました

「この分の給料は後で払うから」ということで、少し疑いながらも願いを受け入れ、彼のオーダーを受け取り、届け先の住所をメモりました。

ですが、自分のオーダーがあったため、彼のオーダーはその後。若干遅れてしまうことは覚悟で届けることを決意。

若干不安ではありましたが、代理でオーダーを受け取りました。

かなりお待たせしていた様子でした

自分のオーダーを終え代理のオーダーを届けると、「随分遅かったじゃない」と注文者から言われてしまいます。

案の定、です。普通より時間がかかってますからね。

ですが、理由をちゃんと説明すればオッケーでした。

「他の配達パートナーのスマホが死にそうで、僕が代わりに来た」ということを伝えると、どうやら納得してくれた様子。なんとか配達を完了させました。

その後、代理オーダーを託したインド人の彼に連絡し終了。僕の口座番号を彼に伝え、後日その分の給料は無事に受け取りました。

今回の内容は、結構グレーです

肩をすくめる男性

今回は他の配達パートナーが困っていたので、それを助ける形で僕が代理で配達を済ませました。

ですが当然、行ったことはグレーです。
代理の配達は正式に認められていません

ウーバーの配達パートナー用のアプリには、「代理配達」のようなものは存在しませんので、今回行った内容は公式に認められていない内容です。

もしもスマホの充電が切れそうなら、切れる前にウーバーに連絡して状況を伝えるのがベストです。

今回の件も、配達を依頼した彼が悪い人だったら、僕は無給で働かされていました。

言ってしまえば、彼が代理配達分の給料を払わずに逃げてしまうことも考えられました。

しかも、ウーバー側も単なる口約束を信じてくれるわけもなく、今回の内容はかなりグレーだったと思います。

配達パートナーを装ったズルがたまに起きる

治安はいいですが、悪い人は日本よりも多いトロント。一方、

配達パートナーは割と良い人が多い印象です

道端で他の配達パートナーとよく話しましが、みんな良い人です。

一方で、配達パートナーを装った人が多いのは事実。
たとえば、レストランでウーバーの配達パートナーを装ってオーダーを受け取り、フリーフードをゲットする人がたまにいます。

従って、ずるい人がいることも忘れずに。出会ったら毅然と対応しましょう。

まとめ:自分で何かと対応するのがUberEATSの配達パートナーです

微笑むウーバーイーツの配達パートナー

今回はかなりレアな、「代理オーダー」の経験をご紹介しました。

上司も同僚もいないため、この辺りは自分で対処していく必要はありますね。ですが楽しいです。

僕のウーバーイーツ配達パートナーの体験レポートを読んでいない方は是非どうぞ↓
登録編から、トロント・配達パートナーの登録方法を解説しています。

ウーバーイーツ配達パートナー体験レポート

その他、ウーバーイーツの配達パートナーにとって役立つ情報を、経験をベースに紹介しています。

本記事の内容は以上です。
配達パートナーを検討中の方は、ウーバーイーツ配達パートナー登録からどうぞ。こちらは招待URLなので、開始50デリバリーで$155保証。これから始める人も安心して登録できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前とメールアドレスは任意です。