UberEATS配達員のための【レンタル自転車・バイク】利用方法まとめ

UberEATS配達員のための自転車レンタル方法

サングラスをするえもじウーバーで配達員を検討中のあなた。「自転車持ってない、、」「バイクって買うと高いし、、」という感じではないですか?この記事では、そんなあなたのために、自転車・バイクのレンタル方法をサービスごとにまとめています。

都心に住んでいないとウーバーの配達員ってできないんじゃないか。また都心に住んでいても、「電車しか使わねえ、」という人も多いですよね。実は僕もそう思っていた一人。ですが、

  • 自転車・バイクをレンタルすれば、家の場所に関係なく働けます。

そこで今回は、レンタル自転車・バイクの情報をまとめてみました。
それぞれのサービスの特徴・料金・デメリットまでをまとめているので、これから配達員を始める人は参考にしてください。

ドコモ・バイクシェア

料金・メリット

料金・・・4,000円/月

名前の通り、docomoが運営するレンタル自転車サービス。いわゆる乗り捨てが可能。貸し借りをするポートもかなり多いので、「借りた場所に戻らなくちゃ・・・」という心配が不要。

例えば「渋谷で借りて銀座で返す」なんてことも全然オッケー。また電動自転車なので、坂道でも登れる。

またSuica等を登録すれば、自転車の開錠をタッチレスで行えるのも便利。スマホやスマートウォッチでサクッと利用できます。

ドコモ・コミュニティーサイクルのSuica画像

デメリット

ポートに行っても、利用可能な自転車がないことがあります(充電が少ない等)。従って、「どの自転車もほとんど充電ない・・・orz」となり、立ち往生する可能性アリ。

またウーバー配達員として法人契約しても、4時間ごとにポートに返却しないと追加料金が発生。同じ自転車を4時間後も使い続けたい時は、一度ポートで返却、再度同じ自転車を借りる必要があります。

申し込み方法

※オフィス登録会でパンフレットがもらえるので、そちらの情報を優先してください。

  • アカウント作成- コミュニティサイクルから基本情報を入力。IDの先頭に大文字で「UEATS」を付けて登録(例:UEATS◯◯◯◯)。
  • ② ドコモバイクシェアにメール(宛先:ueats-ml@d-bikeshare.com)でユーザーIDをを通知、プラン変更を依頼。
  • ③ プラン変更完了メールを受け取り次第、配達員特別会員プラン適応。

これだけで月額定額のサービスが利用できます。僕自身、現在も利用中です。さらに詳しい情報・使い方も紹介しているので、参考にしてみてください。

ドコモ・バイクシェアの注意点

変更登録した"翌日”から特別プラン適応です。その前に発生した使用料については別途負担になってしまうので、申請したら1日待ちましょう。

COGICOGI リース

料金・メリット

料金・・・4,000円/月

こちらも月額料金でレンタルができるサービス。
ドコモ・バイクシェアとの違いは「自分専用のの自転車を使える」ということ。つまりポートを探し回ったりする必要がなく、稼働開始〜終了まで同じ自転車を使用できます。

デメリット

貸し借りを行うポートの数が少な過ぎる。従って、都心以外で稼働予定の人にはオススメしない。また「貸出可能自転車ゼロ」のポートも多く、自転車を借りられる保障がないのも難点。

さらに、まだ発展途上のサービスなのでアプリの使い勝手が最悪。全てのポート位置をマップで確認できず、どこで返したらいいか調べるのに時間がかかる。。

申し込み方法

帝都産業

料金・メリット

料金・・・11,000円/月〜

自転車の種類が豊富、ママチャリ〜ロードバイクまで、あらゆる種類の電動自転車を借りられる。

また契約すると自分専用の自転車を配達してくれる(3ヶ月の契約をすると手数料無料)。また保険も付いているので、もしもの時に安心。

デメリット

料金が高い。最低でも11,000円、クロスバイク等は20,000円/月を超える。従って、「サクッとウーバー始めたい」という人にはハードルが高め。

また、乗り捨てのサービスでないため、配達エリアまで電車で移動する人には厳しい(電車で自転車を運べないため)。従って、自宅がウーバーイーツの対応範囲内、または近い人限定の選択肢になる。

申し込み方法

帝都産業(バイクレンタルの場合)

バイクレンタルについては、ウーバーと提携しているのは帝都産業のみ。

料金・メリット

料金・・・16,000円/月
ただし、「たけさんのTwitterを見た」と伝えると、2,000円割引にしてくださるのだそう。UberEATSの配達員限定の割引のようなので、是非利用させてもらいましょう。

また、登録すると自宅まで車両を運んでくださいます。
また対人・対物保障制度があるほか、メンテナンスのサービス等も充実しているのだそう。

さらに、デリバリーボックスなど配達用備品も揃っているようなので、バイクで配達を考えている方は帝都産業を選択肢の一つとしていいかもしれません。

申し込み方法

UberEATS配達員のためのレンタル自転車・バイク:まとめ

以上、ウーバーイーツの配達員をする方に向けて、レンタル自転車・バイクサービスをまとめました。

2019年11月現在、料金や各サービスを考慮すると、レンタル自転車はドコモ・バイクシェア、バイクは帝都産業(選択肢が一つですが、、)という感じです。今現在、僕はドコモ・バイクシェアの自転車で稼働中です。

いずれにせよ、ウーバーイーツの超フレキシブル・ストレスフリーな働き方は超快適。サービスエリア外に住んでいるあなたも、「エリア内に電車で移動して、レンタル自転車で稼働」という働き方ができます。

登録はウーバーイーツ配達員登録ページ(招待コード付き)からどうぞ。こちらのでの登録が終了し次第、オフィスでの本登録に進みます。登録方法・その他配達員まとめについては 【東京ウーバーイーツ配達員】これから始める人へ現役配達員が内容全てを公開!もどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です