【登録方法公開】東京でUber Eats配達パートナー(配達員)になる手順

自転車を担いでスマホを見ながら微笑む男性

サングラスをするえもじ「Uber Eats(ウーバーイーツ)って最近人気だけど、配達パートナーに興味がある!実際の経験談とか登録方法が知りたいな」という人向けに内容をまとめています。

カナダで1,000デリバリーを終えて帰国、現在も東京を中心に稼働中のえもじです。
日本でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを検討しているあなた。登録〜稼働開始まで、たくさんの不安を抱えているはず。実際、僕もそうでした。

でも大丈夫。そんなあなたのために、この記事では関東、特に東京・首都圏のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法をまとめてみました。

これから東京近郊でUber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーになる方は、この記事を読んでおくと稼働開始までの流れがわかるかと思います(よりスムーズに登録できる招待↓をどうぞ)。

そもそも需要はあるの?東京のUber Eats(ウーバーイーツ)事情

2015年、アメリカでサービスが開始されたUber Eats(ウーバーイーツ)。実は翌年2016年には東京でもサービスが開始されていたんです。つまり日本に上陸してからもう4年になります。

東京から徐々に対応エリアを拡大させながら、現在は23区と千葉・埼玉・神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡等々・・・全国15以上の地方都市にサービスが広がっています。つまり、このエリアでは配達パートナーとして稼働可能です。

現在もエリアは拡大中でして、配達対応エリアが増えています。つまり、これからも需要が高まるサービスであることは間違いないですね。

実際にオーダーは入るの?

  • 時間にもよりますが、基本的にガンガン入ってきます。

僕も配達を始めて驚いたのですが、東京でもUber Eats(ウーバーイーツ)の需要は高いといえます。特に東京都内では渋谷や新宿、秋葉原周辺はオーダー依頼がどんどん入ります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーアプリ・オーダーが入った画面

もちろん、エリアや時間帯によってはオーダーが入りにくい時はあります。ですが、基本的に忙しく仕事ができていまして、需要・供給ともに高まってきていると感じます。

特に、東京都内で稼働予定の人は、東京・Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーがオーダーを取るべき場所は?オススメの配達場所についてまとめています。報酬(給料)を高く保つために場所選びは最重要なのでぜひ参考にしてください。

東京のパートナーの報酬(給料)は?

  • 時給換算で1,500円ほど。たぶん、思っていたより稼げているはず。

「配達パートナー」なんて稼げるイメージがないかと思います。

ですが、意外と稼げるのがUber Eats(ウーバーイーツ)。特に東京都内の報酬(給料)は結構良いのでびっくりするかもしれません。その辺のバイトをするなら断然Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働いた方が楽に稼げます。

収入については僕の報酬(給料)を公開しているので、興味のある方はぜひ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録をする

Uber Eats(ウーバーイーツ)のオーダー

さて、実際に登録するまでの手順を紹介していきます。
配達パートナーになるまでには、大きく2つのステップが必要です。「オンライン登録」を済ませた後「オフィス本登録」をする流れです。

まずはオンラインでの登録

配達パートナー登録 -Uber Eats(招待コード付き)から、名前・電話番号等の簡単な登録を済ませます。現役の配達パートナーからの招待ということでいろいろスムーズです。すでに入力させているシリアルコードは消さないようにしてください。

また、こちらで必要書類の提出もオンライン上で行います。こちらは働く形態によって異なります↓

自転車で配達する場合

  • 身分証明書(パスポート、運転免許証、個人番号カード、在留カード等。学生証の場合は+健康保険証)
  • アップロード用の顔写真

原付で配達する場合

  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書 (自賠責保険証)
  • 車両のナンバープレートの写真
  • アップロード用の顔写真

軽自動車やバイク(125 cc 以上)で配達する場合

  • 運転免許証
  • 車検証または軽自動車届出済証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書 (自賠責保険証)
  • 任意保険または自動車共済証書
  • ナンバー プレート
  • アップロード用の顔写真

こちらでの登録が済んだら、配達パートナー用のアプリをダウンロードしておきましょう。
iPhone用→Uber Driver -App Store
Android用→Uber Driver -Google Play

オンラインでの登録が完了すると、アプリ上でログインできるようになります。ここまでの作業を完了しておくと、この後の「オフィスでの登録」がサクサク進みますよ。

オフィスで本登録を済ませる

次は実際にUber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーオフィスに行って配達パートナーの登録を済ませます(現在、コロナウイルスの影響でオフィスが閉まっているため、電話またはオンライン上で本登録まで完了することになりそうです。この下の「コロナウイルスの影響からの変更点」まで飛ばしてください)。

関東エリアには、新宿・秋葉原・大門・横浜にあります。

パートナーセンター新宿

パートナーセンター秋葉原

パートナーセンター大門

パートナーセンター横浜

関東エリアで働きたい方は、上記の中からお近くのパートナーセンターに行って登録を完了させます。

所要時間は40分ほど。配達パートナー用のガイドブックを受け取り、配達の方法についての説明を受けます。

本登録の時に必要なもの

本登録の時までに準備するものがいくつかあります。

  • スマホ
  • 電話番号
  • 銀行口座の情報

以上です。
口座については、ゆうちょ銀行・信用金庫・ネット銀行は不可になっているので、それ以外の口座が必要になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)としては公式に、三菱UFJ・三井住友銀行を推奨しているようなので、持っている方はこちらの口座を提示しましょう。

コロナウイルスの影響からの変更点

すでにお伝えしましたが、現在はコロナウイルスの影響で、パートナーオフィスが閉まっています。オンライン登録後の本登録も、電話またはオンラインで完了させることになりそうです。こちらはオンライン登録後に、Uber Eats(ウーバーイーツ)からの連絡を待って手続きします。

オンライン登録後にUber Eats(ウーバーイーツ)から送られてくるURL

Uber Eats(ウーバーイーツ)からこのような案内があります。

こちらで銀行口座の登録、または配達パートナー向けのガイダンスを行って、全ての登録が完了します。

これで登録完了!

ざっと登録までの流れを解説しましたが、これで終了!登録後はすぐに配達パートナーとして登録できます。

配達パートナーが持っているあの大きなデリバリーバッグは、本登録の時に受け取れます。4,000円のデポジットが必要ですが、登録後に報酬(給料)から天引きされる仕組みなので、登録時にお金は必要ありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリーバッグ

ついに東京で配達開始!

自転車に乗る男性

早い人ならその日からでも仕事ができてしまうUber Eats(ウーバーイーツ)。
ガッツリ稼ぎたい人にも副業でお小遣い稼ぎをしたい人にもオススメです。

すでに紹介しましたが、まずはオンライン登録から進めてみてください(登録はスムーズな僕からの招待をお使いください↓)。

この記事で必要な情報は全てお伝えしましたが、もっと詳しく知りたい方は、配達パートナーの詳しい内容も参考にしてください。東京で配達する人向けのまとめ的内容です。

不安な点は、お気軽にこの下の質問欄からどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です