【東京のウーバーイーツ(UberEATS)で働いてみた1】登録しにいってみよう

「ウーバーイーツって最近よく聞くけど、配達員として働くのってアリなのかな?実際に働いている人の経験談が知りたいな」

今回はこんな内容です。
登録までの方法を解説しているサイトは他にもありますが、実際のリアルな体験談まで記事にしているサイトが少ないので、そうした内容を記事にしてみます。

これからウーバーイーツの配達員になりたい方は、この記事を読んでおくと開始までの流れがイメージしやすいかと思います。ぜひ最後までどうぞ。

ちなみに、給料・エリアごとの特徴等々・・・これから配達員を始める人に役立つ情報をマルッとまとめた記事はこちらをご覧ください↓

そもそも需要はあるの?東京のウーバーイーツ事情

肩をすくめる男性

2015年、アメリカでサービスが開始されたウーバーイーツ。実は翌年2016年には東京でもサービスが開始されていたんです。

東京から徐々に対応エリアを拡大させながら、現在は23区と千葉・埼玉・神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡まで対応しています。

現在もエリアは拡大中のようなので、これからも期待大のサービスであることは間違いなさそうです。

実際にオーダーは入るの?

  • 時間にもよりますが、基本的にガンガン入ってきます。

僕も配達を始めて驚いたのですが、東京でもウーバーイーツの需要は高いといえそうです。

もちろん、エリアや時間帯によってオーダーの入りに上下はありますが、配達を終える前に次のオーダーの依頼がどんどん入ってきます。

従って、「ずっと待機しているけど暇・・・」という時間はほとんどありません。

ウーバーイーツ(UberEATS)配達員の登録をする

ウーバーイーツ(UberEATS)のオーダー

配達員になるまでには「オンラインの登録」→「パートナーオフィスでの本登録」の手順を踏む必要があります。

まずはオンラインでの登録

名前・電話番号等の簡単な登録を済ませます。(下のURLは僕からの招待コードです。現役の配達員からの招待ということでいろいろスムーズですよ。すでに入力させているシリアルコードは消さないように!)。

こちらでの登録が済んだら、配達員用のアプリをダウンロードしておきましょう。

オンラインでの登録が済むと、アプリでログインできるようになるので、ここまで進んでおくと、オフィスでの登録の際にサクサク登録できます。

オフィスで本登録を済ませる

次は実際にウーバーのパートナーオフィスに行って配達員の登録を済ませます。

関東エリアには、新宿・秋葉原・大門・横浜にあります。

パートナーセンター新宿

パートナーセンター秋葉原

パートナーセンター大門

パートナーセンター横浜

関東エリアで働きたい方は、上記の中からお近くのパートナーセンターに行って登録を完了させます。

所要時間は40分ほどです。配達員用のガイドブックを受け取り、内容の説明を受けます。

オフィス登録の時に必要なもの

オフィス登録の時までに準備するものがいくつかあります。

  • スマホ
  • 電話番号
  • 銀行口座の情報

以上です。
口座については、ゆうちょ銀行・信用金庫・ネット銀行は不可になっているので、それ以外の口座が必要になります。

ウーバーとしては公式に、三菱UFJ・三井住友銀行を推奨しているようなので、持っている方はこちらの口座を提示しましょう。

これで登録完了!

ざっと登録までの流れを解説しましたが、これで終了!登録後はすぐに配達員として登録できます。

配達員が持っているあの大きなデリバリーバッグは、オフィス登録の時に受け取れます。4,000円のデポジットが必要ですが、登録後に給料から天引きされる仕組みなので、登録時にお金は必要ありません。

ウーバーイーツのデリバリーバッグ

ついに東京で配達開始!

自転車に乗る男性

早い人ならその日からでも仕事ができてしまうウーバーイーツ。
ガッツリ稼ぎたい人にも副業でお小遣い稼ぎをしたい人にもオススメです。

繰り返しますが、配達員の登録はこちらからどうぞ↓

また本記事冒頭でも紹介しましたが、これからウーバーイーツの配達員を始める人に読んで欲しいまとめ記事はこちらをどうぞ!↓