【給料公開】コロナ時代のUber Eats配達パートナーの収入

自転車に乗る配達員

今回はウーバーイーツ配達パートナーの給料(収入)についてです。時給や稼ぐための戦略までまとめています。

Uber Eats一強時代、終了。
コロナで大きな打撃を受けた外食産業。レストランへの客足が減った中、フードデリバリーサービスが店舗経営の「頼みの綱」になった話も耳にします。

そうした動向から「ウーバーイーツの配達員、かなり稼げるんじゃない?」とよく聞かれるようになりました。

答えは「ノー」。 コロナの影響で注文数は増えているはずですが、必ずしも配達員が忙しくなったわけではないです。つまり収入が増えたのかと聞かれると、とてもYESとは言えません。

とにかく、今回はコロナウイルスの影響を受けた配達員がどれくらい稼げるのか、現役の配達員である僕が暴露していきます。

前提:配達パートナーは「給料」でなく「報酬」

Uber Eatsの配達パートナー(配達員)が受け取るのは、「給料」ではなく「報酬」です。
つまり時給や日給ではなく、配達した分だけ稼げる仕組み。

具体的に説明すると、サラリーマンは「給料」なので月給が保証されていますが、Uber Eatsの配達パートナーは「報酬」なので「今月はこれだけ稼げる」という見通しが立ちません。

サラリーマンの「時給」とウーバーイーツ配達パートナーの「報酬」

また一般的なアルバイトの場合も、お店と「雇用契約」を結びます。つまり「雇われて」いるため、時給や日給で給料が保証されています。

一方、ウーバーイーツの配達員は「業務提携」という扱い。つまり配達員は「個人事業主(一人の事業主)」としてとして働くため、給料の保証がないのです。

そのため、基本的に配達件数が多いほど稼げます。逆に件数をこなさないと稼げないことになります。

給料の計算方法

配達パートナーに支払われる配送料は「①配送基本料 + ②インセンティブ」という感じで計算方法があらかじめ決まっています。

①配送基本料

配送基本料は「ベースの報酬」のようなイメージです。
受け取り料金 ・受け渡し料金・距離料金の合計から「サービス手数料」を引いたものが配送基本料です。

ウーバーイーツの配送基本料計算方法

  • 受け取り料金・・・レストランから商品を受け取った時に発生
  • 受け渡し料金・・・商品を届け先に渡した時に発生
  • 距離料金・・・レストラン〜届け先までの距離に応じて計算
  • サービス手数料・・・ウーバーイーツの取り分

またそれぞれの料金は、都市によって異なります。日本の各都市の配送基本料はこちらの通りです↓

都道府県受取料金距離料金受渡料金手数料
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県265円60円/km125円10%
大阪府・京都府・愛知県・兵庫県・福岡県215円60円/km105円10%

(表にない都市の配送基本料は、ウーバーイーツから公式の発表がない状態です。一番近い都市の料金を参考にしてみてください。)

とにかく、報酬を計算する材料が整いました。具体的に見てみましょう。

東京や神奈川で2kmの配達を完了した場合
受け取り265円 + 距離60円×2km + 受け渡し125円 - 手数料10%
=265円 + 120円 + 125円 - 51円
=459円

大阪や愛知で3kmの配達を完了した場合
受け取り215円 + 距離60円×3km + 受け渡し105円 - 手数料10%
=215円 + 180円 + 105円 - 50円
=450円

これが配送基本料、ベースの給料です。

②インセンティブ

先ほど説明した配達基本料に加えて受け取れるのが、「インセンティブ」。その中でもメインは「ブースト」と「クエスト」の2種類です。

インセンティブについては、ブースト?クエスト?現役ウーバーイーツ配達員が教える稼ぎの法則で詳しく解説していますが、こちらでもざっくり紹介しておきます。

ブースト

簡単に説明すると、ブーストは「特定のエリアで配達した分の収入が上がる」というもの。

ウーバーイーツ(UberEATS)のブースト(Boost)画面
とある日の関東エリアの「ブースト」

上の画像の時は、エリア内で配達した分の収入が1.1倍になる、ということです。特にランチタイム(11:00〜14:00頃)とディナータイム(17:00〜20:00頃)に設定されることが多いです。

クエスト

クエストは、「ある期間内に一定の配達数を完了した時のボーナス」です。

UberEATS(ウーバーイーツ)東京・クエスト画像
週末に設定された「クエスト」

この画像の時は、25回配達で2,500円、45回で7,000円が給料に加算されます。

Uber Eats配達パートナーの実際の収入

コロナウイルス・GO TO EATの影響で配達パートナーの収入は下がりがちです。以前は時給換算で1,500円以上稼げましたが、現在は1,200円ほど。場所・時間が悪いと時給1,000円を下回ります。

以前は、1回の配達の報酬は550円程度、1時間に2~3回配達が基本でした。これに加えて先ほど説明した「インセンティブ」が付き、結果的に時給1,500円以上になりました。

現在も1配達当たりの報酬はほぼ同額ですが、配達依頼が減っています。つまり暇な時間が増えてしまっているため、それだけ収入が減っているわけです。

Uber Eats配達パートナーの「稼ぐ戦略」

【稼ぐコツ】ウーバーイーツの配達員が収入を確実に上げる方法でUber Eatsの配達パートナーの「稼ぐコツ」を紹介しましたが、こちらでは最新のテクニックをお伝えします。

戦略1: 他のフードデリバリーサービスと兼業する

冒頭でお伝えしたように、「Uber Eats一強時代」は終わりを迎えています。つまり注文者は他のフードデリバリーサービスに流れているため、配達員もUber Eats以外の収入源を考えなくてはなりません。

当サイトとして一番に勧めたいのが「MENU(メニュー)」。他のサービスとの兼業が許されているので、Uber Eatsとの相性が良いです。

フードデリバリーサービス「MENU」のロゴ

また安定的に稼ぎたいならFoodpanda(フードパンダ)最低時間保証があるため「暇だから稼げない」ということが起きません。

Foodpanda(フードパンダ)のロゴ

どちらのサービスもまだまだ対応エリアが限られているため、地方にお住まいの方は厳しいかもしれません。

一方で東京や大阪をはじめ、札幌や名古屋、福岡等の地方都市で稼働できる方は、絶対にUber Eats以外も考えた方が良いです。

一通り試してみて、一番稼げるサービスにシフトしていけば、Uber Eatsに固執せず最終的な収入を上げることができます。

戦略2: 稼げる場所で働く

稼ぐためには「場所選び」が超重要です。需要が高い場所ほど注文依頼が多いので、次々に注文が入ります。

特に主要駅周辺は忙しいです。そのほか「穴場スポット」もありますが、日によって忙しさに差があり、あまりオススメしないです。つまり、繁華街で働くのが鉄則。

都内で配達パートナーになる方は、東京・UberEATSの配達員がオーダーを取るべき場所は?稼げる配達場所をまとめているので参考にしてください。

戦略3: 遠くのレストランからの注文は受けない

お伝えしたように、Uber Ears配達パートナーの報酬は「レストラン〜届け先の距離」に応じて支払われます。つまり、注文を受けた場所からレストランに向かう時間は報酬ゼロ。完全にムダです。

そのためレストランまで遠い場合、配達依頼をキャンセルするのも一つの手です。近いレストランの注文を取って、商品を受け取るまでの時間を減らした方が得ですから。僕の場合、5分が上限。

ウーバーイーツ配達員アプリの「拒否する」ボタン

その点、すでに紹介したMENU(メニュー)は配達依頼を受けた場所からレストランまでの距離も考慮されるのでフェアです。

Uber Eats配達パートナーの収入目安

お伝えしているように、Uber Eatsの配達パートナーにはシフトがありません。つまり働き方が自由なので配達パートナー間でも稼いでいる金額(月収)は異なってきます。

従って「どれくらい働くとこれくらい稼げる」という目安も紹介しておきます。ご自分に近い稼働スタイルを確認して、具体的に稼ぐイメージをしてみてください!

土日に5〜6時間(月8日程度)稼働した場合

目安・・・4〜6万円/月

週末はインセンティブが付きやすいので稼ぎやすいです。特に日曜日は忙しいです。

とはいいつつ、現在は配達依頼自体少なくなっています。ランチ・ディナータイム以外はかなり暇になることも多く、他のフードデリバリーサービスの検討は必須です。

平日に週5で2~3時間ずつ働く場合

目安・・・4〜6万円/月

例えば、「仕事後、19:00~21:00まで働く」とか、学生が「授業の空きコマで短時間だけ稼働する」とか、そういうイメージです。

平日は曜日や時間帯によって忙しさが結構変わります。それこそランチ・ディナータイム以外だと、これほど稼げないかもしれません。そのため、しっかり忙しい時間を狙って稼働することが重要です。

週5・7時間フルタイムで働く場合

目安・・・20〜25万円/月

フルタイムで働いた場合の目安はこれくらいです。こちらも一概に言えないので参考までに。

当然ながら土日も含めて働いた方が有利ですが、お伝えしているように他のサービスも検討することで、さらに収入が増えることは間違いないです。

配達パートナーの給料日(報酬支払日)

報酬の支払いは毎週火曜〜水曜日。登録する銀行によって曜日に差があるようです。

また報酬は週払いです。つまり、今週の分の報酬は来週の火曜か水曜にまとめて振り込まれます。お金の管理はすごい楽です。

一方、報酬を受け取るための銀行口座には少し制限がありまして・・・ゆうちょ銀行・ネット銀行・信用金庫は登録は不可になっています。

上記の銀行口座しか持っていない方は、登録までに準備しておきましょう。

ウーバーイーツとしては三菱UFJ銀⾏・三井住友銀⾏が推奨のようです。こちらの銀行だと振り込み時にトラブルが少ないそう。ですがその他の銀行口座も問題なく登録できます。

ちなみに、報酬はいつでもアプリ上でいつでも確認できます。

ウーバーイーツの配達員の給料

配達パートナーの確定申告

冒頭でお伝えしたように、ウーバーと配達パートナーの間に雇用関係はなく、配達員それぞれが「事業」扱いになります。そのため確定申告は必須です。

ですが、これは意外と簡単に完了できます。こちらは「スーツを着ない税理士」大河内薫さんの動画をみるとわかりやすいです。

内容をまとめると・・・

  • ウーバーイーツの配達員は確定申告必須
  • レンタルサイクル代・交通費・スマホ関連は経費で落とせる
  • 家賃や食事代、配達時の服も説明次第で経費にできる
  • freeeを使うと、スマホで簡単に確定申告できる

またここで必要になってくるのが「経費」の情報。こちらはウーバーイーツ配達員の必要なもの・費用まとめ僕自身が最終的に購入に至ったものを簡潔にまとめています。

コロナ時代・Uber Eats配達パートナーの収入:まとめ

以上、コロナウイルス・GO TO TRAVELの影響を受けたUber Eatsの配達パートナーがどれほど稼げるのかお伝えしました。

結論、Uber Eatsのみの専業時代は終わりです。他のサービスも試し、あなたのスタイルで一番稼げる方法を模索すべきです。最後にそれぞれのサービスの招待コードを貼っておきます。

MENUのアプリの画像

【MENU配達クルー】初回50回配達で10,000円獲得

WXH875

コピーする

MENU(メニュー)の配達クルー向けのページから登録を進め、招待コードランにこちら↑のコードを入力すると招待が適応されます。登録方法も参考にしてください。

Foodpanda(フードパンダ)のロゴ

【Foodpanda配達ライダー】30日間30回配達で5,000円獲得

招待を使って登録する

Foodpanda(フードパンダ)は上のリンクから登録すると招待が適用されます。つまずきポイントが多いため、配達ライダー登録方法を参考にすることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です