【給料公開】ウーバーイーツの配達員が一番稼げる方法を時給で計算しました。

自転車に乗る配達員

全国各都市で、これから配達員になる方へ
コロナウイルスの影響で、確実に注文が多くなっています!つまり、まさに今が稼ぎどきです。始めるには、現役配達員からの招待を受けると登録がスムーズなので、まずはウーバーイーツ配達員登録・招待ページからオンライン登録を完了させ、本登録に進んでみてください!

現在、日本でウーバーイーツの配達員として稼働中、カナダとの合計で2,000デリバリーを達成しました、えもじです。

今回はウーバーイーツ配達員の給料について。早速ですが、給料について僕なりの結論です。

ウーバーイーツの給料・結論

給料は良い。ですが、稼ぐための戦略は必要。

という感じ。
この記事では実際に稼いだ給料額も公開していますが、これは僕なりの戦略に沿って稼いだ金額です。そのため、おそらく何も考えずに働いたら、もっと低い金額になるはず。

従ってこの記事では、給料の仕組みや計算方法を解説した上、2020年現在、配達員がどう稼ぐべきか、戦略も考えていきます。これから配達員になる人も参考にしてください。

僕が実際に稼いだ給料

皆さんが一番知りたいのは「リアルな給料」だと思うので、僕が実際に稼いだ金額を紹介しちゃいます。

こちらは、とある月の僕の給料です。僕はウーバー専業じゃないので、稼働時間にムラがあるのはごめんなさい!

給料稼働時間時給換算
1週目30,145円12時間59分2,300円
2週目52,468円20時間45分2,500円
3週目47,922円39時間1分1,200円
4週目31,647円21時間24分1,471円

数字だけだと怪しいので、実際の給料の画面も載せておきます。

ウーバーイーツ配達員・週ごとの給料

ぶっちゃけ、この月は平均で時給1,850円ほど稼げてました。副業でもこれだけ稼げます。

もちろん、調子の悪い月もあります。これはインセンティブ次第(この下で解説してます)。特に週末は驚きの金額になります。

つまり、トータルで計算すると、稼げることは間違いないです。僕が身をもって証明しています。

すでにここまで読んで「稼げるならウーバーやるわ!」という方。ぜひ僕からの招待を受け取ってください。ウーバーイーツ配達員・登録ページから登録すると、よりスムーズに完了できるのでオススメです。

そもそも、配達パートナーは「給料」でなく「報酬」

わかりやすくするために、この記事では「給料」という言葉で説明していますが・・・実際、配達パートナーがウーバーから受け取るは「給料」ではなく「報酬」です。

つまり、時給や日給でなく、働いたぶんだけもらえる仕組み。従って、サラリーマンが受け取る給料とは根本的に違うんです。

サラリーマンの「時給」とウーバーイーツ配達パートナーの「報酬」

もう少し詳しく言うと、ウーバーイーツと配達パートナーに「雇用関係」はありません。そのため、全く配達しなければ報酬はゼロ。逆に、たくさん配達すれば上限なく報酬を受け取れます。

この辺りが「出前館」や「楽天デリバリー」との違い。両者とも時給なので、最低限の給料は保証される一方、時給以上は稼げないです。

またウーバーイーツの配達パートナーは「個人事業主」。つまり「フリーランス配達員」というイメージです。したがって、冒頭でも説明したような「戦略」を立てることで、稼ぎを増やすことができる、というわけです。

ウーバーイーツ配達員の給料(報酬)

僕の経験上、1回の配達の報酬は550円程度、1時間に2~3回配達が基本です。これに加えて「インセンティブ」というボーナスが付き、結果的に時給1,800円超えになった計算です。

また日によって金額が異なるのも事実。1日に5〜6時間働いても6,000円程度・・・という日がある一方、週末・祝日は忙しいので、時給2,000円になることもあります。

ですがこの給料、実際にどうやって計算されているのでしょうか?
実は配達パートナーに支払われる配送料は、計算方法があらかじめ決まっています(全国共通です)。

配送料の計算方法

配送料 = 配送基本料 + インセンティブ

配送基本料

配送基本料は「ベースの報酬」のようなイメージです。
受け取り料金 ・受け渡し料金・距離料金の合計から「サービス手数料」を引いたものが配送基本料です。

  • 受け取り料金・・・レストランから商品を受け取った時に発生。
  • 受け渡し料金・・・商品を届け先に渡した時に発生。届け先が複数の時もそれぞれカウントされる。
  • 距離料金・・・レストラン〜届け先までの距離に応じて計算される。複数の届け先の場合はその合計距離が計算対象。
  • サービス手数料・・・ウーバーイーツの取り分

またそれぞれの料金は、都市によって異なります。日本の各都市の配送基本料はこちらの通りです↓

都道府県受取料金距離料金受渡料金手数料
東京都265円60円/km125円10%
神奈川県265円60円/km125円10%
埼玉県265円60円/km125円10%
千葉県265円60円/km125円10%
愛知県215円60円/km105円10%
大阪府215円60円/km105円10%
京都府215円60円/km105円10%
兵庫県215円60円/km105円10%
福岡県215円60円/km105円10%

(表にない都市の配送基本料は、ウーバーイーツから公式の発表がない状態です。一番近い都市の料金を参考にしてみてください。)

とにかく、報酬を計算する材料が整いました。具体的に見てみましょう。

東京や神奈川で2kmの配達を完了した場合
受け取り265円 + 距離60円×2km + 受け渡し125円 - 手数料10%
=265円 + 120円 + 125円 - 51円
=459円

大阪や愛知で3kmの配達を完了した場合
受け取り215円 + 距離60円×3km + 受け渡し105円 - 手数料10%
=215円 + 180円 + 105円 - 50円
=450円

これが配送基本料、ベースの給料です。配達回数をこなすごとに、これを積み上げて行くイメージですね。

インセンティブ

ウーバーイーツの配達員は、先ほど紹介した配達基本料に加え、「インセンティブ」というボーナスも追加でもらえます。その中でもメインは「ブースト」と「クエスト」の2種類。

インセンティブについては、ブースト?クエスト?現役ウーバーイーツ配達員が教える稼ぎの法則で詳しく解説していますが、こちらでもざっくり紹介しておきます。

ブースト

簡単に説明すると、ブーストは「このエリア内で働いたら給料◯倍!」というインセンティブです。

ウーバーイーツ(UberEATS)のブースト(Boost)画面

この画像の時は、指定エリア内で配達した分の給料が1.1倍になる、ということですね。特にブーストはランチタイム(11:00〜14:00頃)とディナータイム(17:00〜20:00頃)に設定されることが多いです。

「たった1.1倍?」と思わないでくださいね。数時間働けば最終的な給料に大きな差が出てきます。さらに1.3倍、1.4倍となると相当な違いになります。

クエスト

クエストは、「この時間内に◯回配達したら◯円ボーナス!」という制度。

UberEATS(ウーバーイーツ)東京・クエスト画像

この画像の時は、25回配達で2,500円、45回で7,000円が給料に加算されます。インセンティブ解説でも紹介していますが、良いクエストの時に働けば、時給換算で500円くらいは平気で上がります。

また1つのクエストは、数日にまたがって設定されるので、計画的に。例えば、「3日の間に30回の配達」というクエストなら、1日平均10回ペースで配達しないと達成できません。

クエストは1回でも設定回数に届かないともらえないので、計画性は本当に重要。「今日は忙しいから多めにやってこう」などと自分なりに先を見据えて働くことで達成しやすいです。

ウーバーイーツの配達員が稼ぐための戦略

さて、ここまで基本的な給料の内容や「インセンティブ」についてみてきましたが、知識だけあってもダメです。

つまり、効率的に稼ぐためには、ある程度の戦略が必要。ここでは、僕なりの稼ぐための方法をお伝えしておきます。

戦略1: 稼げる場所で働く

稼ぐためには「場所選び」が超重要です。需要が高い場所ほど注文依頼が多いので、暇な時間が減り、給料は上がりやすいです。

東京都内の場合、やはり渋谷・原宿周辺や秋葉原・御茶ノ水等は稼ぎやすいです。そのほか「穴場スポット」があるのも事実ですが、日によって忙しさに差があるので、あまりオススメしないです。つまり、繁華街で働くのが鉄則。

都内で配達パートナーになる方は、東京・UberEATSの配達員がオーダーを取るべき場所は?稼げる配達場所をまとめているので参考にしてください。

戦略2: インセンティブを意識して働く

すでに紹介したインセンティブ(ブースト・クエスト等)は、絶対に意識した方がいいです。理由はすでに述べたように、給料に大きく影響するから。

その中でもブーストは圏外に出ないようにすることが大切。そこから出た途端に適応されないからです。

とは言いつつ、配達先がブーストの外だと、圏外に飛ばされてしまうことはあります。そうした時は、少しずつブーストエリアに戻りながら次の注文を取っていくのが理想です。

またクエストも、すでにお伝えしたように計画性が大切。「20回のクエストを、2日に分けて達成しようと思ったら、2日目土砂降りで稼働不可」という場合、ボーナスはなしです。天気予報をチェックしながら、予定を立てましょう。

戦略3: 遠いレストランからの注文は受けない

お伝えしたように、報酬はレストラン〜届け先の距離に応じて支払われます。つまり、注文を受けてレストランまで向かう時間は報酬ゼロ。完全にムダです。

そのため、レストランの場所が遠い場合、キャンセルするのも一つの手です。近いレストランの注文を取った方が効率的ですから。

ウーバーイーツ配達員アプリの「拒否する」ボタン

僕の場合、5分が上限。自転車で6分以上かかるレストランのオーダーは基本取りません。

「キャンセルをすると注文が入りにくくなる」と言う人もいますが、問題ないです。キャンセルしても注文依頼はしっかり来ます。

戦略4: レストランで待たされそうな時はキャンセルする

戦略3と同様、報酬はレストラン〜届け先までの距離で支払われます。従って、レストランでの待ち時間も配達員にとっては完全なムダです。

そのため、長時間待たされそうな時はキャンセルして次の注文を待つのもアリ。

僕の場合は、レストランで「もうちょっとお待ちくださいね〜」と言われた時、どれくらいかかるか聞いちゃいます。それで「5分以上はかかる」と言われた場合、キャンセルも検討します。

一方、暇な時は5分以上でも待ちたい時はあります。これは状況に応じて判断してみてください。

戦略5: 忙しいレストランの近くで待機する

注文依頼は、レストランに一番近い配達員に飛ばされます。そのため、忙しいレストランの近くにいると、オーダーが入りやすいです。

一方、レストランの目の前で明らかに待機するのはやめたほうがいいです。店舗によっては、たくさんの配達員が待っているのを良く思わないこともあるので。

あくまでも自然な感じで待ちましょう。

これから配達員になる方へ
現役配達員からの招待を受けると登録がスムーズです。ウーバーイーツ配達員登録・招待ページからオンライン登録を完了させ、本登録に進んでみてください!

どれくらい働くといくら稼げる?

ウーバーイーツの配達員にはシフトがありません。つまり自由な働き方ができるため、配達員それぞれ働き方が違います。そのため、配達員間でも稼いでいる金額(月収)は異なってきます。

従って「どれくらい働くとこれくらい稼げる」という目安も紹介しておきます。ご自分に近い稼働スタイルを確認して、具体的に稼ぐイメージをしてみてください!

土日に5〜6時間ずつ稼働した場合

目安・・・8万円/月

週末は「忙しい×インセンティブ」で最も稼ぎやすいです。特に日曜日は忙しいです。稼働時間中、ずっと鳴りっぱなし(途切れなく注文依頼が入ってくる)こともよくあります。

そのため、「平日は本業、休日は副業」というスタイルを確立しやすいです。土日だけでも、これだけまとまった収入があると、生活もだいぶ楽になります。

平日に週5で2~3時間ずつ働く場合

目安・・・8万円/月

例えば、「仕事後、19:00~21:00まで働く」とか、学生が「授業の空きコマで短時間だけ稼働する」とか、そういうイメージです。

平日は曜日や時間帯によって忙しさが結構変わります。従って一概には言えませんが、おおよそ8万円くらいにはなります。

週5・フルタイムで働く場合

目安・・・20〜25万円/月

フルタイムで働いた場合の目安はこれくらいです。こちらも一概に言えないので参考までに。

当然ながら、土日も含めて働けば給料は上がりますし、さらにインセンティブもきっちり意識すればリミットはないです。

ウーバーイーツの配達員の給料

給料日・登録する銀行口座・税金について

最後に事務的な内容を補足しておきます。

給料日は毎週火曜日、週払いです。つまり、今週の分の給料が来週の火曜日には振り込まれます。

これはかなり便利です。「金欠・・・」という時にサッと稼げますし、お金の管理もしやすいです。

一方、登録銀行口座に制限あり

ゆうちょ銀行・ネット銀行・信用金庫は登録は不可

それ以外の銀行口座を持っていない方は、登録までに準備しておきましょう。

ウーバーイーツとしては三菱UFJ銀⾏・三井住友銀⾏が推奨のようです。ですがその他の銀行口座でも問題はないです。

確定申告は必須

冒頭でお伝えしたように、ウーバーと配達パートナーの間に雇用関係がありません。

従って、配達パートナーは、それぞれが一つの「事業」です。そのため確定申告は必須です。

ですが、これは意外と簡単に完了できます。こちらは「スーツを着ない税理士」大河内薫さんの動画をみるとわかりやすいです。

freeeを使って、求められる内容を入力するだけ。登録時点で確定申告のことまで気にする必要はないですが、頭の片隅に置いておいてください。

何かと世間を騒がせているウーバーイーツ。ですが今後も「稼げるシゴト」ということで間違いなさそうです。それに、仕事の開始/終了はボタン一つで完了、シフトもありません。これほどフレキシブルな仕事はこの世に存在しないと思います。

配達員に登録してから1年半、合計2,000デリバリーを経験しましたが、割と楽しく働いてます。学生でも副業でもメインでも・・・サッと稼ぐためにウーバーはかなり効率がいいです。「配達員やってみるか!」という方はウーバーイーツ配達員・登録ページからどうぞ。現役の配達員(僕)からの招待になっていまして、スムーズにオンライン登録ができます。

ウーバーイーツの配達員の給料:まとめ

以上、ウーバーイーツの配達員の給料計算方法・インセンティブ・稼ぐための戦略を紹介しました。

この記事を読んでくれた方は、割と稼げるイメージができたはず。たしかに「オーダーが入らねえ、」という時はあるんですが、結果的に稼げているので、その辺の仕事なら断然ウーバーという感じです。繰り返しますが、配達員の登録はこちら↓から招待をどうぞ。

全国各都市で、これから配達員になる方へ
コロナウイルスの影響で、確実に注文が多くなっています!つまり、まさに今が稼ぎどきです。始めるには、現役配達員からの招待を受けると登録がスムーズなので、まずはウーバーイーツ配達員登録・招待ページからオンライン登録を完了させ、本登録に進んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です