ブースト?クエスト?Uber Eats 配達パートナーの稼ぎの法則

インセンティブでもっと稼ぐ!

小さい絵文字の画像「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーにはボーナス制度があるって聞いたけど、どうやって使えばいいんんだろう?効果的な使い方・報酬を高く保つための方法を知りたい!」という人に向けて、「インセンティブ」の内容を紹介しています。

現在、東京でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼働中のえもじです。
今回は配達パートナーの報酬を底上げする「インセンティブ(=ボーナス)」について。

インセンティブなしにUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをするのは、「自分はボーナスいらないよ!」と言っているようなものです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬画面・インセンティブの金額

ご覧のように、「インセンティブ」は報酬に大きく関わってくるので、これを無視して働くのは絶対に損。逆にこれを意識して稼働すると、一気に収入が増えます。

従って今回は、配達パートナーにとって超大切な「インセンティブ」について内容を解説、さらに僕自身の経験をもとに「稼ぐためのインセンティブの使い方」を解説していきます。

インセンティブとは

冒頭で説明した通り、「インセンティブ」は配達パートナーの「ボーナス」のような制度です。

そして、この「インセンティブ」は大きく3種類。「ブースト」「クエスト」、そして「オンライン時間インセンティブ」。それぞれ確認してみましょう(インセンティブは配達パートナー用アプリ内で確認できます↓)。

Uber Eatsドライバーアプリの画像

Uber Eats 配達パートナー用アプリ

ブースト

「このエリアで配達したら報酬を◯倍にするよ!」という制度。「基本配送料」にブーストの倍率をかけた合計が最終的な報酬額(給料)となります。

(ちなみに「基本配送料」とは、配達ごとの「基本給」のようなイメージです。もっと知りたい方は【報酬公開】Uber Eats 配達パートナーの収入・稼ぎ方をご覧ください)

Uber Eats(ウーバーイーツ) 前橋市の「ブースト」の画像
配達パートナー用アプリの「ブースト」の例

たとえば、上の画像の時間帯では、対象エリア内の報酬が1.3倍になります。「たった1.3倍かよ!」と思うかもしれませんが、結構稼げますよ。

例えば・・・

1時間に1,000円稼いだとして・・・ブーストが1.3倍なら単純に1,300円。時給300アップです。普通のアルバイトではあり得ない額ですよね。

特にランチタイム(11:00~14:00)、ディナータイム(17:00~21:00)にブーストが付くことが多く、この時間を狙って配達するのが基本です。

こちらは配達パートナー用のアプリの「プロモーション」から時間ごとに各エリアのブースト情報を知ることができます(配達パートナーになる方は、当サイトからの招待を受け取ってオンラインのみ・最短3日で稼働開始してください。終了時未定なのでお早めに↓)

Uber Eats(ウーバーイーツ) の配達パートナー・配達員の写真

コロナ下で忙しい今が稼ぎどき!Uber Eats・配達パートナーの登録は、よりスムーズな招待がオススメ。オンラインのみで完了・最短3日で開始できます。シフトなし・服装も自由。気軽にサクッと稼げる感覚を味わってみてください!※すでに招待コード入力済。

クエスト

こちらもインセンティブの一種、「クエスト」。「この期間に◯回配達したら◯円ボーナスあげる!」という制度です。こちらも配達パートナー用アプリで具体的な日付・料金を確認できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ) 「クエスト」の画像

上の画像の時は、25回配達すると2,500円、45回で7,000円のボーナスという感じ。Uber Eats(ウーバーイーツ)は1時間に3配達がキホンなので、45回配達した場合、時給が500円アップする計算です(45回の配達に15時間かかることから、7500÷15=500)。

またクエストは平日(月曜〜水曜)、週末(金曜〜日曜)に設定されることが多いです。さらに、1つのクエストは複数の日にまたがって設定されるので、先ほどの例だと、約3日の間に45回配達すればボーナスゲットです。全然いけます。

またクエストは雨の日に付くことも多いですね。実際に雨が降っていなくても、雨予報があるとクエストがつきやすいので、天気予報のチェックはしておいた方がいいです。

自転車に乗る子供
雨の日=稼ぐチャンス!

とにかく、ある一定期間内にまとまって配達ができる人は、さらに報酬額を増やすことが可能です。クエストは本当に大切ですよ。

オンライン時間インセンティブ

Uber Eats(ウーバーイーツ) の配達パートナーは、配達した分だけ報酬がもらえる仕組みなので、最低賃金が保証されていません。つまり暇な時間は「時給換算500円・・・」なんて可能性も否定できません。

そうした点を踏まえ、「オンライン時間インセンティブ」という最低限の報酬を保証するインセンティブもあります。

例えば・・・

「オンライン時間インセンティブ」が1,000円の時、800円しか稼げなかったら差額の200円が追加で支払われます。

こちらは配達パートナー用のアプリ内に表示されません。適用された場合はUber Eats(ウーバーイーツ) からメールが届くようです。僕個人としてはこのインセンティブに出会ったことがありません。頭の片隅に置いておく程度で大丈夫です。

インセンティブを効果的に使うコツ

ここまで、主に「ブースト」と「クエスト」についてざっくり解説をしましたが、ここからは「インセンティブを使ってどうやって稼ぐか」、その効率的な利用方法を紹介していきます。

アプリで毎日のインセンティブを確認しておく

すで紹介したように、配達パートナー用アプリ内の「プロモーション」から毎日のインセンティブを確認できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)プロモーション一覧

  • 週に数日以上稼働するなら、こまめな「プロモーション」のチェックが必要。

特に雨の日等は、新たなクエストが追加されることが多いです。つまり、「雨の予報がある・雨が降り出した」そんな時はクエストを確認してボーナス額を確認すると無駄なく稼げます。

同じく、クエストは朝から始まることもあり、場合によっては早い時間(午前8時頃)から始めると稼げることもあります。少なくとも前日には確認しておくといいですね。

ブーストエリアから出ないようにする

「ブースト」のお話です。エリアごとに倍率が違うことはお話ししましたが、この「エリア」から出たらブーストは適用されません。そのため、できるだけブーストエリア内で配達した方が報酬が上がりやすいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのブーストのマップ

エリアの判断基準はレストランの位置です。つまり、届け先がブーストのエリア外でも、商品を受け取ったレストランがブーストの範囲内ならその倍率が適用されます。

ちなみに、これから東京都内で配達パートナーをする人は、東京・Uber Eats の配達パートナーがオーダーを取るべき場所は?を確認しておくと、「稼げるエリア」がわかります。

クエストは計画的に

「クエスト」は日をまたいで設定されることが多いです。配達は計画的に。

繰り返しますが、クエストは「一定期間に◯回配達すると◯円のボーナスをあげるよ」という制度でした。ですがこのクエスト、期間が日をまたいでいることが多く、計画性が大切です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー・朝から始まるインセンティブ例

たとえば、「月曜日〜水曜日で40回配達したら4,800円のボーナス!」というクエストの場合。もしあなたが月曜日・火曜日にそれぞれ15回ずつ配達し、「水曜日にあと10回やればいいや〜」と考えていたら、水曜日は大雨、稼働が困難に。そうするとボーナスはもらえないことに。。

配達パートナーの稼働日は天気に左右されることも多いので、この辺りは天気予報をチェックしながら計画的に働くことで、クエストでボーナスをゲットできます。

インセンティブのデメリット

「インセンティブ」は基本的に配達パートナーの報酬を上げるものなので、大きなデメリットはありませんが、気をつけるべき点はあるので、最後に紹介しておきます。

ブーストのエリアには要注意

すでにお話しした通り、エリアから出るとブーストは適応されません。

  • 従って、エリアに戻るための時間はロスです。

たとえば、「配達先がエリア外で、ブーストの圏外に来てしまった」という時。もちろんエリア外でも注文は取れますが、ブーストは適用されません。

またエリアごとに1.1倍、1.2倍・・・と倍率が違います。たまたま倍率が低いエリアに来てしまうと、そこで配達した分の報酬が下がりがちになります。

基本的な対策。それは、ブーストエリアの外に来てしまったら、エリア内に戻ってからオーダーを取ることです。そうすることで、ブーストを着実に活用することができます。

特定エリアに配達パートナー集中の可能性アリ

ブーストの高いエリアで配達するのがキホン。ですが、、

  • ブースト倍率が高いエリアには、配達パートナーが集まりがちです。

ブーストの倍率は多くの配達パートナーで共通です。従って、ブーストの倍率が高いエリアではパートナーの数が多すぎて新規オーダーが入りにくくなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のオンライン状態になった画面

配達パートナーアプリの待機画面・・・

つまり、配達パートナーの供給量が増えてしまい、配達パートナー同士でオーダーを取り合う状態になってしまうのです。こんな状況では、いくらブーストの倍率が良くても配達依頼さえ入らなくなってしまいます。。

従って、意図的にブーストエリアから離れて配達するのも戦略の一つです。配達パートナーの数が少ないエリアや時間帯を狙って仕事することで、自分だけが周辺のオーダーを独り占めできることも!

この辺は自らの経験・他の配達パートナーから仕入れた情報を参考に判断していくことになります。つまり慣れてくるとさらに収入額を増やすことが可能になってきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に操られている感じは、ある。

これは感情的な問題ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)にうまく操られている感じはありますね。。笑
たとえば、「17~18時の間はブースト1.2倍だけど、18時以降はナシ」みたいな時↓

Uber Eats:「17~18時は配達パートナーが不足してるから報酬多めにあげるけど、それ以降は十分だからボーナスなしね〜」

こんな風に言われている気がしてしまいます。完全にUber Eats(ウーバーイーツ)のさじ加減で配達パートナーの報酬が決まってしまうのは、少し悔しい気はします。

とはいいつつ、報酬が上がることには変わりないので、僕たちとしては上手に利用させてもらうしかないですね。

現役Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが教える稼ぎの法則:まとめ

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーにとって最重要のインセンティブ、「ブースト」と「クエスト」をメインにお伝えしました。繰り返しますが、インセンティブを考慮しないで配達するのは損。ちゃんとチェックしながら働きましょう。

お伝えしているように、これから配達パートナーに登録する方は当サイトからの招待がお得です。オンラインのみ・最短3日ほどで完了する特典はいつ終了するかわからないため、お早めに↓

Uber Eats(ウーバーイーツ) の配達パートナー・配達員の写真

コロナ下で忙しい今が稼ぎどき!Uber Eats・配達パートナーの登録は、よりスムーズな招待がオススメ。オンラインのみで完了・最短3日で開始できます。シフトなし・服装も自由。気軽にサクッと稼げる感覚を味わってみてください!※すでに招待コード入力済。

また、これから日本でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになる人向けに、役立つ記事を公開しています。読んでおいて損はないはず、是非どうぞ↓

Uber Eats 配達パートナーの関連記事!

2 COMMENTS

an

インセンティブについてですが、アプリ上にも表示されず、ボーナスがもらえない状況です。地域によって差があるものなのでしょうか?

返信する
えもじ

おっしゃる通り、地域によって差があります。また配達パートナーに登録したての場合・都市を変更した場合はインセンティブ適用まで時間がかかるようです。こちらは定期的に配達しながら、インセンティブの適用を待ってみてください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前とメールアドレスは任意です。