Uber Eats の配達パートナー、注文のキャンセルはできる?その影響は

さて、今回の記事は「オーダーのキャンセル」について。

「入ったオーダーは全部取らなきゃいけないの?」「一度受け入れたオーダーはキャンセルできるの?」こうした疑問にお答えしていきます。

これからUber Eats(ウーバーイーツ)で配達する方は、当サイトからの招待を受け取って、スムーズに開始してください↓

Uber Eats(ウーバーイーツ) の配達パートナー・配達員の写真

コロナ禍から忙しくなったフードデリバリー、今が稼ぎどき!Uber Eats・配達パートナーの登録は、よりスムーズな登録がオススメ。オンラインのみで完了・最短3日で開始できます。シフトなし・服装も自由。気軽にサクッと稼げる感覚を味わってみてください!

Uber Eats 配達パートナーの「キャンセル権」は2種類!

Uber Eats 配達パートナー

Uber Eats の配達パートナーも、オーダーへの拒否権・キャンセル権がありまして、完全にUber Eats(ウーバーイーツ)の言いなりになる必要はありません。

そしてこうした権利ですが、大まかに分けると2種類あります。

 

  • オーダーを受けた時の「拒否権」
  • オーダーを受け取ってからの「キャンセル権」
  • 届けられない時の「キャンセル権」

それぞれ見ていきます。

オーダーを受けた時の「拒否権」

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは配達の準備が出来次第、アプリの“出発”ボタンを押し、オーダーが入る状態にします。

Uber Eats 配達パートナー用アプリの待機画面

そして実際にオーダーが入ると、レストランまでかかる時間(目安)が表示されます。

この時に配達パートナーに認められているのが、オーダーを受けた時の「拒否権」。つまり、注文自体を受けたくない場合は拒否できます。

“拒否する”ボタンを押せば、そのオーダーは入らず元の状態になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員アプリの「拒否する」ボタン

他のオーダーが入れば再度通知されるようになります。

3回連続で拒否すると、「注文を受ける状態を続ける?」という表示が出ますが、基本的に何度でもオーダーの拒否は可能です。

オーダーを受け取ってからの「キャンセル権」

レストランで品物を受け取ったあと、何かの事情でオーダーをキャンセルしなくてはならない場合があります。

キャンセルしなければならない時

  • 自転車が壊れて動けなくなった
  • 事故・トラブルに巻き込まれた

数え出したらキリがありませんが、何かしらの場合で商品を届けるのが困難な時です。

こうした場合はアプリ上で注文をキャンセルすることができます。配達パートナーアプリ左下の赤いボタンをタップするとキャンセルできます。

Uber Eats 配達パートナー用アプリの「キャンセル」ボタン

届けるのが不可能な時の「キャンセル権」

最後に、配達先が不明な時のキャンセル権です。最も多いのは下記のケースです↓

配達先が見つからない

注文者に電話してもつながらない

10分間のカウントダウンを開始

それでも連絡がなくてキャンセル

マップ上の配達先の住所に到着しても、配達先の場所が不明なことがあります。

基本的に配達先がわからない場合は、探す努力をするのが基本。Google Mapsで建物名を検索したり、近くの建物を確認したりします。

それでも不明な時は、注文者に電話するんですが、電話に応答がない時もあるんです(電話はアプリ上の電話ボタンをタップします↓)。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリ・電話ボタン

するとアプリ上で、自動的に10分間のカウントダウンが始まり、その間は注文者の連絡を待たなくてはなりません。

それでも連絡が来ない時もあります。この場合はカウントダウンの終了を待った後、キャンセルをしてオッケーです。

補足

注文者が電話に出ない→電話を切った後、アプリ上で10分のカウントダウンが始まるのですが、アプリの不具合で機能しない時があります。そんな時はデバイスの電源を切って再起動しましょう。面倒ですが。。

キャンセルした時の商品はどうすればいい?

ウーバーイーツと寿司

キャンセルはしたけど、オーダーはバッグの中。

このオーダーはどう処理すればいいの?ということです。

答えは、捨てるなり食べるなり配達パートナー次第、ということになっています。

KFCのチキン

つまり、キャンセルして手元に残った商品は僕たち次第。

100回配達して1回、つまり確率だと1%くらいでしょうか。その場に捨てる配達パートナーがいて問題にもなっているので、必ず自分で処理しましょう。

キャンセル率が多いと悪影響がある?

テーブルの上の食事

Uber Eats の配達パートナーにはオーダーの拒否権・キャンセル権があることを説明しましたが、この回数が多いと悪影響があるのでしょうか?

僕の感覚ですと、キャンセルしまくらなければ問題なし、という感じだと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のシステム上、オーダーを受け取ってからキャンセルすれば、無料で食事をゲットすることは可能です。

ですが、これを続けると良くないことは事実(モラル的にも)。

一方で、どうしてもオーダーが届けられない場合に使うキャンセルは問題ないですし、Uber Eats 側もこの権利を認めています。

つまり、極端にキャンセルしまくらなければ問題なし。これが9ヶ月配達パートナーをして至った僕の結論です。

まとめ:Uber Eats の配達パートナーは結構自由です

楽しげなピザの配達パートナー

今回は、オーダーの拒否権・キャンセル権についてお伝えしました。ある程度は僕たちの裁量で注文のキャンセルができます。過度にキャンセルしなければ全く問題ありません。配達が困難な時はしっかりキャンセルしましょう。

またこれから配達パートナーになる方。現在はコロナウイルスの影響から、僕たちにとっては追い風です。つまり稼げます。

登録は当サイトの登録ページから登録して、よりスムーズに配達開始してください↓

Uber Eats(ウーバーイーツ) の配達パートナー・配達員の写真

コロナ禍から忙しくなったフードデリバリー、今が稼ぎどき!Uber Eats・配達パートナーの登録は、よりスムーズな登録がオススメ。オンラインのみで完了・最短3日で開始できます。シフトなし・服装も自由。気軽にサクッと稼げる感覚を味わってみてください!

また他にもUber Eats の配達パートナー向けの情報を発信しているので、興味のある方は読み漁ってみてください↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前とメールアドレスは任意です。